Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

白河桃子

白河桃子

認証済み

相模女子大特任教授、昭和女子大客員教授、少子化ジャーナリスト

報告

声を上げることが。この国でも無駄ではないと証明してくれた伊藤詩織さんの勇気に敬意を評します。伊藤さんの告発から長い道のりがありましたが、日本の#metooの盛り上がりは伊藤さんからの「勇気の連鎖」の結果です。 「山口さんの供述について「不合理に変遷しており、信用性には重大な疑念がある」と指摘。伊藤さんの供述から、山口さんが合意のないまま性行為に及んだと認定した。 また、伊藤さんがおこなった記者会見などについて、山口さんは名誉毀損だとして1億3000万円や謝罪広告を求めて反訴していたが、「公共性および公益目的がある」として棄却された。」

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった1185

同じ記事に対する他のコメンテーターコメント

コメンテータープロフィール

白河桃子

相模女子大特任教授、昭和女子大客員教授、少子化ジャーナリスト

東京生まれ、慶応義塾大学。中央大学ビジネススクール MBA、少子化、働き方改革、ジェンダー、アンコンシャスバイアス、女性活躍、ダイバーシティ、働き方改革などがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに19万部超のヒットとなった著書「婚活時代」で婚活ブームを起こす。内閣府「男女共同参画重点方針調査会」内閣官房「第二次地方創生戦略策定」総務省「テレワーク普及展開方策検討会」内閣官房「働き方改革実現会議」など委員を歴任。著書に「ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち」「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」「女子と就活」「産むと働くの教科書」など多数。

関連リンク(外部サイト)

白河桃子の最近のコメント

  • 白河桃子

    相模女子大特任教授、昭和女子大客員教授、少子化ジャーナリスト

    そろそろ結婚という形にこだわらず、こどもを持ちたい人が持てる設計も考える時期ではないでしょうか? 仏…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています

  • 白河桃子

    相模女子大特任教授、昭和女子大客員教授、少子化ジャーナリスト

    最低賃金で働くのはどこの県でも女性が多い。最低賃金をあげることは「ねばつく床」とよばれる、最低賃金に…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています