Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

にしゃんた

にしゃんた

認証済み

社会学者/タレント

報告

ご住職の高岡秀暢さんに対しての尊敬の念を抱かない者はいない。ご住職のことを調べると今回に限らず今まで30年以上にわたりアジアやアフリカからの難民や留学生を受け入れ、仏教の根底にある「ともに生きる」を実践している。活動の原点は若い頃、仏教国ネパール滞在中、仏教を通じた人びとが助け合う姿に社会の秩序を見た経験にあるという。今回のコロナショックにおいても特にアジアでお寺を拠点に僧侶が社会を巻き込んで人びとのセーフティーネットとして果たす役割が眩い。日本の仏教は歴史的な経緯の中で現状のようにある一種洗練されただろうが、反対に温もりのある泥くさいアジアらしさを失った。日本、ポストコロナ時代も日本人と外国人の共生は変わらない。日本の外国人労働者は大半アジア人でもある。温もりのある日本の多文化共生の実現のために豊かなインフラとしての日本のお寺を中心にアジアらしい泥くさい「ともに生きる」の実践に期待したい

こちらの記事は掲載が終了しています

  • このコメントをツイート
  • このコメントをシェア
参考になった915

コメンテータープロフィール

羽衣国際大学 教授。博士(経済学)イギリス連邦の自治領セイロン生まれ。高校生の時に渡日、日本国籍を取得。スリランカ人、教授、タレント、随筆家、落語家、空手家、講演家、子育て父などの顔をもっており、多方面で活動中。「Mr.ダイバーシティ」などと言われることも。現在は主に、大学教授傍ら、メディア出演や講演活動を行う。テレビ•ラジオは情報番組のコメンテーターからバラエティまで幅広く、講演家として全国各地で「違いを楽しみ、力に変える」(多様性と包摂)をテーマとする ダイバーシティ スピーカー (多様性の語り部)として活躍。ボランティアで献血推進活動に積極的である。

関連リンク(外部サイト)

にしゃんたの最近のコメント

  • にしゃんた

    社会学者/タレント

    思わせぶりな書き方をしていることもあってか、記事に対するコメントの多さには驚く。日本にとってもいつの…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています

  • にしゃんた

    社会学者/タレント

    この記事がyahoo!のトップニュースとして表示されている意味について少し考えた。もしかしたらスリラ…続きを読む

    こちらの記事は掲載が終了しています