石川智久 認証済み

日本総合研究所 調査部 マクロ経済研究センター所長 報告

まだ詳細は分かりませんが、データの取り扱いについて、日本企業もこれから注意する必要が出てきました。米国の中国警戒モードはかなり本気になっています。サーバーを国内に置く、出資先を監視する、提携先を慎重に選ぶなどの対応が求められます。経済安全保障については、政府関係者からかなり踏み込んだ発言が聞かれるようになりました。また、日本企業の危機感不足を指摘する声も政府関係者から聞かれるようになりました。日本企業としてはこれまでとは違う状況になったと考える必要があります。中国にデータや情報が流れない体制を構築しなければならない状況です。

同じ記事に対する他のコメンテーターコメント

  • 牧野和夫 認証済み

    |弁護士/弁理士/米国ミシガン州弁護士(芝綜合法律事務所客員)

    楽天はテンセントの出資を「純投資」と説明している様に、直ちに楽天と個人データを共有することはないにし...続きを読む

石川智久 認証済み

日本総合研究所 調査部 マクロ経済研究センター所長

専門はマクロ経済及び金融制度分析。大阪勤務時の経験から関西経済、地方創生、万博の経済効果なども研究。日経新聞夕刊の十字路などマスコミ寄稿も多数。著書は「大阪の逆襲」(共著、青春新書インテリジェンス)、「大阪が日本を救う」(単著、日経プレミアシリーズ)。

石川智久の最近のコメント

  • 立民、米価維持の公約発表 減反廃止の自公に対抗写真

    共同通信 9月19日(日) 17時43分

    石川智久認証済み

    |

    米価維持は競争力が低い農家にとっては有難い話ですが、高品質な作物を作っている農家にとってはそれほどメ...続きを読む

  • 高齢者3640万人、世界最高の29%…4人に1人が就労写真

    読売新聞オンライン 9月19日(日) 17時00分

    石川智久認証済み

    |

    高齢者が増える中、選挙も高齢者向けの政策を出す政党が勝ち、より高齢者に有利な政策が実現してしまうこと...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント