米重克洋

JX通信社 代表取締役 報告 オーサー

「北区」の北に「東西区」ができることになるが、これは①現在存在する行政区の名前との混乱を避けつつ、②方角などの一般的な名称にする、という2点を押さえた折衷案とみられる。

①については、前回住民投票で問われたのは大阪市域を5区に分割する案だったが、この時は現在の此花区や港区などのエリアを「湾岸区」としたことに批判があった。方角など一般的な名称が望ましいという意見は前回住民投票の前からあり、「湾岸区」の反省も活かしたということだろう。

②については、今回の新しい区割り案で、最も北側の新区を「北区」としてしまうと、新しい「北区」には現在の大阪市北区が含まれない現象が起きてしまう。現在の大阪市中央区が含まれる南西のエリアが新案でも「中央区」になっていることからもそうした点への配慮が窺える。

このため、東西にまたがる「東西区」が「北区」の北側に生まれたのではないだろうか。

こちらの記事は掲載が終了しています

米重克洋

JX通信社 代表取締役

1988年(昭和63年)山口県生まれ。2008年、報道ベンチャーのJX通信社を創業。「報道の機械化」をミッションに、テレビ局・新聞社・通信社に対するAIを活用した事件・災害速報の配信、独自世論調査による選挙予測を行うなど、「ビジネスとジャーナリズムの両立」を目指した事業を手がける。

米重克洋の最近の記事

米重克洋の最近のコメント

  • 誘致6割超が反対「カジノ、そぐわない」 横浜で市民調査写真

    カナロコ by 神奈川新聞 9月17日(火) 5時00分

    米重克洋

    |

    弊社(JX通信社)と神奈川新聞社の合同調査です。
    ポイントは下記です。

    ・反対が6割超であるだけで...続きを読む

  • 4月7日に大阪のこれからが決まる「大阪都構想」の歴史と未来

    選挙ドットコム 4月4日(木) 14時00分

    米重克洋

    |

    記事中でも指摘されている通り、都構想が再度住民投票に進むには府議会・市会で維新が過半数をとることが必...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント