横山信弘

経営コラムニスト 報告 オーサー

ICT(情報通信技術)環境の違いもあるが、意識の問題が最も大きい。

テレワークの実施が、交通混雑の緩和に繋がり、そして社会に貢献できるという意識が足りないのだ。

大企業とか中小企業とかは関係がなく、経営者、組織リーダーの意識の問題である。

このコロナの時代に、特に優秀な若者たちは、自分が所属している職場のリーダーの価値観や姿勢をしっかりに見ているはずだ。

近年、毎年のように大きな災害に襲われる日本において、平時ではなく、「有事のリーダーシップ」があるか。そこが見られている。

ますます不確実性が高まり、正解のない時代が到来しているのだから、変化に対してスピーディーに意思決定ができない企業は淘汰されていくに違いない。

横山信弘

経営コラムニスト

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

横山信弘の最近の記事

横山信弘の最近のコメント

  • 政府、コロナ対処方針を改定 経済活動8月にも全面再開写真

    共同通信 5月25日(月) 20時33分

    横山信弘

    |

    旅行の月別動向の調査によると、1年を通じてダントツで多いのが「8月」。7月や9月と比べても2倍近い数...続きを読む

  • 【コロナと働き方】長引く在宅勤務にモヤモヤ、「見えない職場」ですれ違う上司と部下写真

    ダイヤモンド・オンライン 5月24日(日) 18時01分

    横山信弘

    |

    最大の問題は「気分」である。

    「在宅勤務だと仕事した気にならない」「オンライン会議だと、会議に参加...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント