横尾弘一

野球ジャーナリスト 報告 オーサー

この記事に書かれていることは事実なのだろうが、なぜ記事になるのか理解ができない。今回の新型コロナウイルス感染拡大は、これまでに経験した自然災害とは異なり、未知の脅威と言っていい。日常生活にしろ社会活動にしろ、慎重に慎重を重ねて感染の終息を目指してきたが、一定の成果を出したところで平常に戻したらこの現状だ。そんな中で、何とか球児の努力に応えたいと、各地区の高校野球連盟がリスクを承知しながら夏の大会を開催している。ならば、どんなことであろうと高野連からの要望には従うしかない。厳しい言い方になるが、立ち話をしていたことを注意されるのは当たり前で、それを「ひどい仕打ち」ととらえる人たちが、現在の油断ならない状況を作り出しているのではないか。それに警鐘を鳴らすならまだしも、同情するとは……。取材した記者や報じた新聞社の姿勢こそが疑問だ。

横尾弘一

野球ジャーナリスト

1965年、東京生まれ。立教大学卒業後、出版社勤務を経て、99年よりフリーランスに。社会人野球情報誌『グランドスラム』で日本代表や国際大会の取材を続けるほか、数多くの野球関連媒体での執筆活動および媒体の発行に携わる。“野球とともに生きる”がモットー。著書に、『落合戦記』『四番、ピッチャー、背番号1』『都市対抗野球に明日はあるか』『第1回選択希望選手』(すべてダイヤモンド社刊)など。

横尾弘一の最近の記事

横尾弘一の最近のコメント

  • 巨人が異例の采配 野手の増田大輝を投手起用 原監督は「それだって、一つの作戦」写真

    デイリースポーツ 8月6日(木) 20時54分

    横尾弘一

    |

    メジャー・リーグでは、大差で負けている展開で投手陣を温存するためにしばしば見られる戦術で、イチローも...続きを読む

  • 選手会、「田沢ルール」の撤廃を要望…NPBも検討へ写真

    スポーツ報知 8月5日(水) 13時40分

    横尾弘一

    |

    田澤純一をNPBにという気運の高まりは、12年前の田澤の思いに偽りがなかったことも証明している。当時...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント