楊井人文

FIJ事務局長・弁護士 報告 オーサー

ヤフーに掲載されたのは、共同通信が配信した記事の全文ではなく一部分です(全文は、日刊スポーツのサイトに掲載されています)。記事後半に書かれていた重要な事実を記しておきます。以下の情報も踏まえて、海外旅行の自由を制限するだけの十分な根拠があるのか、冷静に考える必要があるでしょう。

「安田さんによると、外務省は、安田さんが解放されたトルコで強制退去処分と入国拒否を受けており、旅券法の規定に触れる可能性があると説明した。」
「安田さんは拘束時にパスポートを奪われ、帰国後の1月7日に発給を申請。4月、外務省から渡航計画の提出を求められ、5月にインド、6月に欧州へ家族旅行したい考えを伝えた。行き先にトルコは含まれていない。」

安田さんはFacebookで「現在の状況は、ほとんどの日本人が渡航できているインドやヨーロッパに家族旅行であっても行ってはいけないという事実上の処罰です」と訴えています。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 安積明子

    |政治ジャーナリスト

    旅券の不発給は違法ではありません。安田氏に限らず、無謀にもテロ国家に入り、それについて日本政府がどの...続きを読む

  • 川上泰徳

    |中東ジャーナリスト

    安田純平氏はシリア内戦で何が起こっているかを知り、伝えるためにジャーナリストとしてシリア入りし、武装...続きを読む

楊井人文

FIJ事務局長・弁護士

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、産経新聞記者を経て、2008年、弁護士登録。2012年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げ、一般社団法人日本報道検証機構を設立。2017年6月、「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)を旗揚げし、事務局長。2018年4月、共著『ファクトチェックとは何か』を出版(尾崎行雄記念財団ブックオブイヤー受賞)。現在、認定NPOニュースのタネ・ファクトチェック担当編集長、早稲田大学次世代ジャーナリズム・メディア研究所招聘研究員、インターネットメディア協会(JIMA)監事。

楊井人文の最近の記事

楊井人文の最近のコメント

  • 問われる憲法との整合性=隊員の安全確保に課題-自衛隊の中東派遣

    時事通信 10月20日(日) 7時11分

    楊井人文

    |

    記事では「問われる憲法との整合性」として「ミサイルや無人機で重武装した「国または国に準ずる組織」との...続きを読む

  • テレ朝「スーパーJチャンネル」やらせで謝罪 3月放送の企画で「極めて不適切な演出」写真

    スポーツ報知 10月16日(水) 20時02分

    楊井人文

    |

    「やらせ」という言葉がよく使われますが、業界では「不適切な演出」と表現することが多いようです。今回も...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント