楊井人文

FIJ事務局長・弁護士 報告 オーサー

この見出しはミスリーディングだと思います。実際は(日本企業が支払いに応じることは)「何の問題もない」と言っただけのようです。見出しの「賠償に応じるべき」だという表現は、外務省が支払いを積極的に要求したかのような印象を与えますが、実際の発言とは異なります。このように日本のメディアは、読者の注意を惹きたいためか、しばしば「発言内容」と「発言の趣旨についての記者の主観的解釈」を混同して伝える傾向があり、要注意です。

韓国通信社「聯合ニュース」日本版の記事でも、外務省報道官の発言は「日本企業が大法院の判決を履行する場合は何ら問題がないとみている」と引用(翻訳)されており、「賠償に応じるべき」という表現で報道されていません。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 安積明子

    |政治ジャーナリスト

    外務省が外交交渉やそれに基づいた2国間条約を無視ですか。これで法と正義を遵守する国といえるのでしょう...続きを読む

楊井人文

FIJ事務局長・弁護士

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、産経新聞記者を経て、2008年、弁護士登録。2012年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げ、一般社団法人日本報道検証機構を設立。2017年6月、「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)を旗揚げし、事務局長。2018年4月、共著『ファクトチェックとは何か』を出版(尾崎行雄記念財団ブックオブイヤー受賞)。現在、認定NPOニュースのタネ・ファクトチェック担当編集長、早稲田大学次世代ジャーナリズム・メディア研究所招聘研究員、インターネットメディア協会(JIMA)監事。

楊井人文の最近の記事

楊井人文の最近のコメント

  • 旧宮家の皇籍復帰を提言へ 安定継承策で自民保守系

    共同通信 10月23日(水) 11時26分

    楊井人文

    |

    この記事には「国会審議の難航を想定し、養子を禁じた皇室典範改正ではなく、特例法整備が望ましいとした」...続きを読む

  • 男系皇位継承を堅持 旧宮家男子の皇族復帰 自民有志「護る会」提言

    産経新聞 10月23日(水) 11時16分

    楊井人文

    |

    この提言は「旧宮家の男子について、了承いただける方には皇籍に復帰いただけるよう、また現皇族の養子か女...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント