楊井人文

FIJ事務局長・InFact共同編集長・弁護士 報告 オーサー

何が「保釈の弊害」かと読んでみたら、「再逮捕時に数十人の報道陣が殺到したこと」が「保釈の弊害」だと。驚き呆れます。大事件で数十人の報道陣が殺到することは、「保釈」とは何の関係もないことで、単にメディアが作出した混乱です。このような意味不明なコメントをさらに「見出し」化するセンスを疑います。「保釈の弊害」があるとすれば、保釈中に証拠隠滅がなされ、真相解明が妨げられるようなケースでしょう。保釈中にそのようなケースがどれほどあったのか、メディアは具体的に検証してみたらどうでしょうか。

こちらの記事は掲載が終了しています

楊井人文

FIJ事務局長・InFact共同編集長・弁護士

慶應義塾大学総合政策学部卒業後、産経新聞記者を経て、2008年、弁護士登録。2012年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げ、一般社団法人日本報道検証機構を設立。2017年6月、「ファクトチェック・イニシアティブ」(FIJ)を旗揚げし、事務局長。2018年4月、共著『ファクトチェックとは何か』を出版(尾崎行雄記念財団ブックオブイヤー受賞)。現在、インファクト(InFact)のファクトチェック担当編集長。早稲田大学次世代ジャーナリズム・メディア研究所招聘研究員、インターネットメディア協会(JIMA)監事。

楊井人文の最近の記事

楊井人文の最近のコメント

  • 東京都で26人の感染を確認 3日連続で20人以上写真

    ABEMA TIMES 6月6日(土) 15時14分

    楊井人文

    |

    毎日、感染者数だけを大々的に取り上げることに意味があるのでしょうか。こうしたステレオタイプな報道が、...続きを読む

  • 「東京アラート」へ検討 感染30人以上

    日本テレビ系(NNN) 6月2日(火) 14時24分

    楊井人文

    |

    メディアはいまだに一日ごとの感染者を大々的に「発表報道」しますが、これに一喜一憂することはあまり意味...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント