山口浩

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授 報告 オーサー

俳優は注目を浴びやすく、したがって嫉妬の対象にもなりやすいが、実際には経済的に恵まれない人が少なくないので、本当に「炎上」しているのであれば残念な事態だ。しかし、そもそも困っている人同士がお互いに「わがまま」と叩き合うのは生産的ではない。今回の新型コロナウィルス感染症対応の一環として検討されている経済対策において、個人事業主やフリーランスなどへの措置が手薄なのはあきらかで、各所から声が上がっているが、族議員がいる業界などと異なり、その声が政治へ届いていないように思われる。しかしそうした声をまとめ、具体的な政策へとまとめていくのは、俳優ではなく政治家の仕事であろう。与野党関係なく、困っている人(もちろん俳優だけではない)の声に耳を傾けてほしい。メディアにも、こうしたPV稼ぎのお手軽ゴシップ記事を量産するのではなく、社会全体の課題を掘り起こしていく姿勢を求めたい。

こちらの記事は掲載が終了しています

山口浩

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部教授

ブロガー。一応経営学の教員ですが興味の対象は雑多。まじめなこと、ふまじめなこと、あれこれとりまぜ、まとめておもしろがります。悪ノリ、脱線注意。

山口浩の最近の記事

山口浩の最近のコメント

  • 「道を譲ってください!」交差点で連呼する救急車 なぜ協力しない歩行者多い?写真

    くるまのニュース 1月5日(日) 9時10分

    山口浩

    |

    「譲る」という原則を頭ではわかっていても、そのときの道路状況で具体的にどうするかを迷うことは確かにあ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    山口浩

    |

    多くの大学院では大学卒業を必須の受験資格とはしていない。所定の入試を受けて合格したのなら大卒の大学院...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント