矢萩邦彦

実践教育ジャーナリスト/知窓学舎・スタディオアフタモード代表 報告 オーサー

多くの私学関係者とやり取りしていますが、私学はもちろん、たとえフリースクールであっても「学費を返して欲しい」という話は聞いたことがありません。一方で塾などの民間教育では、休校でオンラインなどでの対応もないとなると授業料返還すべきという話になっている現場も多く、授業の形態や習い事の種類によってはかなり厳しい状況です。

学校ではないので仕方が無いという意見もありますが、なんとかして学び場をキープして欲しいという保護者の意見も少なくありません。政府には、そのような違いも鑑みての対応が望まれます。

矢萩邦彦

実践教育ジャーナリスト/知窓学舎・スタディオアフタモード代表

1995年より教育・アート・ジャーナリズムの現場でパラレルキャリア×プレイングマネージャとしてのキャリアを積み、一つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を探究するアルスコンビネーター。一万五千人を超える直接指導経験を活かし「受験×探究」をコンセプトにした学習塾『知窓学舎』を運営。代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードではメディア事業に従事、主宰する教養の未来研究所では教養・キャリア・編集・遊び・学び研究を軸に、研修・コンサルティング・監修顧問を手がける。近著に『先生、この「問題」教えられますか?』(洋泉社)●ご依頼等はこちらまで:yahagi(at)aftermode.com

矢萩邦彦の最近の記事

矢萩邦彦の最近のコメント

  • 若者、東京で買い物やカラオケ 外出自粛「気にしない」「遅い」

    共同通信 3月28日(土) 21時34分

    矢萩邦彦

    |

    小中学生までは学校が無くても保護者の言うことを聞くケースが多いですが、高校生や大学生は最も難しく、学...続きを読む

  • もはや予言者? 早稲田大学の「新型コロナ対応」が迅速すぎるワケ

    アーバン ライフ メトロ 3月29日(日) 17時30分

    矢萩邦彦

    |

    非常時の対応などについて、「早稲田の対応を見て決める」という私立学校関係者はかなりの数に上ります。教...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント