矢萩邦彦

実践教育ジャーナリスト/知窓学舎・スタディオアフタモード代表 報告 オーサー

教育においても、リスペクトは最も大切なことの一つです。教師サイドが生徒をリスペクトする感覚があれば自然と信頼関係ができてきます。また、保護者が先生に対してリスペクトを示すことで、子どももそうなる傾向があります。

まず、大人側や立場が強い側が先に相手をリスペクトすることが大事で、そういう姿勢を見せること自体が教育的に意味があります。前に立つ人間の実践や生き様を見せることこそ、今の教育業界に必要なことではないでしょうか。

矢萩邦彦

実践教育ジャーナリスト/知窓学舎・スタディオアフタモード代表

1995年より教育・アート・ジャーナリズムの現場でパラレルキャリア×プレイングマネージャとしてのキャリアを積み、一つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を探究するアルスコンビネーター。一万五千人を超える直接指導経験を活かし「受験×探究」をコンセプトにした学習塾『知窓学舎』を運営、教育ジャーナリスト・教育カウンセラーとしても活動。代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードではメディア事業に従事、主宰する教養の未来研究所では「教養とキャリア編集」「遊びと学び」研究を軸に、研修・コンサルティング・監修顧問を手がける。●ご依頼等はこちらまで:yahagi(at)aftermode.com

矢萩邦彦の最近の記事

矢萩邦彦の最近のコメント

  • 「ドラえもん」&「しんちゃん」、大人の事情で金曜から土曜にお引っ越し…揺れる国民的アニメの未来写真

    スポーツ報知 9月14日(土) 11時10分

    矢萩邦彦

    |

    『ドラえもん』はかつて、「国民的時間割」として機能していました。子ども達は、ドラえもんが始まるまでに...続きを読む

  • 「宿題を最後まで残しておいたら…」衝撃の自由研究に挑む息子を見守った父は、さらに自由だった写真

    まいどなニュース 9月11日(水) 10時30分

    矢萩邦彦

    |

    ユーモア・分析・覚悟・実践、そしてストーリー。教育業界に足りていないものが、だいたい入っている素晴ら...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント