碓井真史

新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー 報告 オーサー

<スクールトラウマと学校の癒しとコロナとの戦い>

全国に報道されるようなネガティブニュースが出ると、学校全体が深く傷つきます。

マスコミが押し寄せ、校舎にカメラが向けられ、生徒学生にマイクが向けられます。

学校には、クレーム電話が殺到します。その電話の様子を動画に撮り、ネットにアップする人まで出ます。

教職員は在校生を守るための仕事が山積なのに、電話対応に時間をとられ、精神的に疲弊します。学長校長などは、マスコミ対応で疲れ切ります。

在校生たちも傷つきます。学校名を出すことに引け目を感じることもあります。進学や就職の不安も出ます。

世間で悪評が立っても、本当は良い生徒学生たちなのに。良い学校なのに。学校全体が傷つく、スクールトラウマです。

みんなの力で、癒し、誇りと自信を取り戻さなければなりません。そして、感染症との戦いとは体の健康面だけではなく、相互支援関係を保つことです。

こちらの記事は掲載が終了しています

碓井真史

新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー

東京墨田区下町生まれ。幼稚園中退。日本大学大学院博士後期課程修了。博士(心理学)。精神科救急受付等を経て、新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授。スクールカウンセラー。好物はもんじゃ。専門は社会心理学。HP『こころの散歩道』。テレビ出演:「視点論点」「あさイチ」「とくダネ!」「サンデーモーニング」「ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「ビートたけしのTVタックル」「ホンマでっか!?TV」など。著書:『あなたが死んだら私は悲しい:心理学者からのいのちのメッセージ』『誰でもいいから殺したかった:追い詰められた青少年の心理』『ふつうの家庭から生まれる犯罪者』など。監修:『よくわかる人間関係の心理学』等。

碓井真史の最近の記事

碓井真史の最近のコメント

  • 木村花さん悲報、米でも衝撃…番組盛り上げに一役買ったSNS書き込みが“凶器”に写真

    スポニチアネックス 5月24日(日) 5時30分

    碓井真史

    |

    有名人が、活動に関して批判されるのは当然だ。有名人がプライバシーを売り物にしているなら、報道されたく...続きを読む

  • 神戸連続児童殺傷から23年、犠牲者父「本当の理由聞くことが親の責任」

    産経新聞 5月24日(日) 3時00分

    碓井真史

    |

    子供が子供を殺す。それは、最悪の事件だ。事件の動機は恨みでも金でもない。これは、世界の犯罪史に残る稀...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント