塚本昌彦

神戸大学大学院工学研究科教授(電気電子工学専攻) 報告 オーサー

スマートグラスはこれまで20年にわたって多くの企業が失敗してきました。ウェアラブルという分野全体が非常に難しく、多くの課題があります。一方で、HoloLensやRealWear、VUZIXなどは産業用でかつてないほどの好調なようです。長年の技術蓄積や経験をベースとして問題点を解決してきた結果なのではないかと思います(RealWearはスマートグラスの老舗Kopin社の技術がベース)。また、AppleがiPhoneに代わる新時代のプラットホームとして近い将来ARグラスを出してくるものと見られており、それにつられて新しい商品がたくさん出てくるでしょう。スマートグラス自体は決して技術指向なデバイスではなく、スマホの不自由な点を改善し人間の視覚を拡張するという意味で人類の未来像を創り出すものです。現状をポジティブにとらえて、マイナス面はビジネスチャンスととらえるのがよいのではないでしょうか。

塚本昌彦

神戸大学大学院工学研究科教授(電気電子工学専攻)

ウェアラブルコンピューティング、ユビキタスコンピューティングのシステム、インタフェース、応用などに関する研究を行っている。応用分野としては特に、エンターテインメント、健康、エコをターゲットにしている。2001年3月よりHMDおよびウェアラブルコンピュータの装着生活を行っている。NPOを立ち上げ、ウェアラブル産業の普及・振興に努めている。参考:ウェアラブルチャンネル(YouTube) https://www.youtube.com/channel/UCA2MKr5OFn-ZuxeKUbSfbcw

塚本昌彦の最近の記事

塚本昌彦の最近のコメント

  • iPhone 11/11 ProのU1チップはiOS 14でどう強化されるか写真

    ITmedia NEWS 7月3日(金) 14時21分

    塚本昌彦

    |

    U1チップの真の狙いは「AirTag」という名称が噂されるAppleの新商品紛失の防止タグだという説...続きを読む

  • Tileの追跡機能付き完全ワイヤレスイヤホンがSkullcandyから登場写真

    アスキー 7月2日(木) 18時40分

    塚本昌彦

    |

    Tileアプリで追跡できる商品はほかにもいろいろあります。Bose、Plantronics、Senn...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント