Y!オーサー

鳥塚亮

えちごトキめき鉄道代表取締役社長。元いすみ鉄道社長。

鳥塚亮

1960年生まれ東京都出身。元ブリティッシュエアウエイズ旅客運航部長。2009年に公募で千葉県のいすみ鉄道代表取締役社長に就任。ムーミン列車、昭和の国鉄形ディーゼルカー、訓練費用自己負担による自社養成乗務員運転士の募集、レストラン列車などをプロデュースし、いすみ鉄道を一躍全国区にし、地方創生に貢献。2019年9月、新潟県の第3セクターえちごトキめき鉄道社長に就任。NPO法人「おいしいローカル線をつくる会」顧問。地元の鉄道を上手に使って観光客を呼び込むなど、地域の皆様方とともに地域全体が浮上する取り組みを進めています。

  • 参考になった1945

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      JALとANA、常に並列に扱われている傾向がありますが、会社の成り立ちや企業理念が全く異なります。
      破綻から10年が経過して会社としては持ち直してきたかに見えますが、表面的な数字だけで判断するのはいかがなものでしょうか。
      救世主の教えである稲盛イズムが本当に浸透したのか。
      最近の国際線ビジネスクラスの機内やラウンジのサービスを見ていると「のど元過ぎれば・・・」の感が見え隠れしています。
      本当に利用者目線に立ったサービスがANAと競い合うことから生まれるのであれば、過去にいくらでも学習できていたはずです。
      でもそれができていなかった。
      ということは根幹にある企業理念や経営理念というものがANAには全く及ばないのではないか。もっとANAから学ぶ姿勢が必要ではないか。
      JALファンの一人としては路線拡大やシェア争いに走ることなく、足元をしっかり見据えた経営努力をしていただきたいと考えます。

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      動物を列車内に持ち込むことは一般の列車の場合はケージに収納し手荷物料金を払うなど以外は禁止されていますが、貸し切り列車での場合はこの限りではありません。実際にイベントやテレビ撮影などの事例もあります。今回のイベントは猫カフェとのタイアップということで動物愛護の観点は別としても、猫駅長、ウサギ駅長、あるいはイセエビ駅長など、動物を活用して観光地化に成功している例はたくさんありますし、自分のペットと一緒に列車に乗って旅をしたいという需要はあると思いますので、この多様性の時代に頭ごなしにダメ出しをする必要もないでしょう。
      しかし、銚子電鉄は企画が中止になったというだけでYAHOOニュースのTOPになるほど話題を提供できたのですから、竹本社長さんの企画力は流石ですね。
      千葉県の銚子市を全国区にしたことは間違いありませんから、地方創生の要でもありますので引き続き応援をよろしくお願いいたします。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      北欧系の航空会社はヨーロッパの玄関口として各地への乗継旅客のマーケットが大きな割合を占めます。羽田発11時50分ということは、都内滞在者や関東一円の方だと余裕ですが、成田は厳しいですね。A350のような300名前後の機体であれば北欧便でも無理のない運用ができると思います。成田からの撤退は痛いですが、両方維持する必要性は低いでしょう。
      航空輸送は長距離旅客輸送だけではありませんから、例えば貨物であったり、乗継基地として等、成田空港は別の生き方を模索していくことが必要だと思います。LCCが増えてきているというのもその一つで、多少遠くても、時間がかかっても、航空運賃の安さを求めるお客様も多くいらっしゃるというのがその証明です。2つの空港が役割分担して共によくなってほしいと思います。

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ロープウエイというと日本では主に山岳地帯の観光用と考えられがちですが、欧米ではかなり以前から地域輸送用として「市民の足」になっています。というのも高低差がある都市はもちろん、大きな川が中心地に流れているような都市では地下鉄や道路橋、あるいは鉄道を建設するコストに比べるとロープウエイははるかに建設費が安く、公害も出さずに運行できる利点があるからで、ある程度の輸送力を期待できます。最近では2012年にロンドン市内にテムズ川を渡るロープウエイがエミレーツ航空の出資で開通し年間100万人以上が利用していますし、イタリアでも都市交通として計画されています。東京は地下鉄がかなり発達していますから今さら感がありますが、今回のように駅から繁華街まで水路で分断されいたり、あるいは高低差が大きい地域では有効な交通手段になるかもしれません。ただし日本の場合は近年のスーパー台風などへの対策も必要だと思います。

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      もともと双発航空機は片方のエンジンが止まった場合60分以内に代替着陸地がなければ運用することが認められていませんでした。アメリカの国内線で言うと西海岸からハワイへ飛ぶことは双発機では不可能でしたので、3発機というのはハワイへ行くために作られた飛行機といえます。同じ胴体設計でエンジン3発のB727はハワイへ行くための飛行機で、大陸内を飛ぶのは双発のB737というのが設計の基本方針でしたので、ETOPSの数字が伸びたことにより3発機のB727は20年以上前に引退してしまいましたが、B737は改良が進められ今でも新造されているのが大きな違いでしょう。でも、双発機の場合では1発停止した段階で「緊急事態宣言」となりますからETOPSの数字に関係なく最寄りの空港に着陸しなくてはなりません。B747ではなかったこういうトラブルが日本の国内線でも年に数回発生しているのが双発機の弱点と言えるかもしれません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      長い間国内線専門キャリアだった全日空が念願の国際線に進出して30余年。追いつけ追い越せの構図は昔から同じです。この10年は日本航空が足踏みしている間に政府の後押しもあって勢力図を伸ばしたのは本文記事の通りですが、航空会社の場合、マーケットシェアと路線網の拡張、収益性は必ずしも一致しませんので注意する必要があります。ビジネス路線は高収益をもたらすと言われていますが、ビジネス路線を正規運賃で利用している乗客がどれだけいるのか。会社の内部資料を見ない限りはわかりませんが、かつて存在していた全日空のビジネスクラス専用ジェット機がひそかに引退しているのを見ると、それほどおいしい路線というのもないのではないでしょうか。時代は長距離もLCCになってきています。ビジネス路線網の拡張やシェア争いに走るばかりでなく、エコノミー座席にもしっかりとしたサービスをしてほしいと考えます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      成田空港計画時は鉄道アクセスは成田新幹線とされていました。
      京成電鉄が空港乗り入れを申請しても認められたのはターミナルビル直下ではなく、現在の東成田駅という不便な場所でした。
      多額の設備投資をして始発駅の京成上野駅の大規模改修、空港延伸したものの成田空港の開港の遅れ、スカイライナー車両が空港反対の過激派に燃やされるなどの受難続きで、京成電鉄は関東の大手私鉄の中で唯一経営不振となりました。昭和50年代の話ですが、今では知る人も少ないと思います。
      そういう厳しい経営状況下でも、青砥、船橋、曳舟、日暮里などの高架化工事や北総線の延伸など設備の近代化を地道に続けてきたことが、今日のスカイライナー3500万人達成につながったと思います。
      京成電鉄苦難の時代の不屈の精神を知る者としてはうれしい限りです。
      本当におめでとうございました。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      国鉄からJRになった32年前、合理化のために各地で無人駅が誕生しました。三日月駅もその一つですね。このような形態の駅を簡易委託駅と呼びますが、駅前の商店の方が乗車券を販売するだけで、切符の改札や駅の業務などは基本的には行わない契約が「簡易委託」ということでしょう。
      こういう駅では硬券や軟券と呼ばれる手売りの乗車券が今でも発売されていますので、切符マニアの旅人には魅力的な駅です。
      ただ、最近では大都市近郊ではローカル線でもICカードの機械が設置されているところが増えてきて、また、乗車時に車内で整理券を取って、降りる際に運賃を支払うスタイルも一般化していますので、手売りの乗車券を販売する簡易委託駅は貴重な存在になってきています。
      ひとつの歴史が終わったということかもしれません。
      来る日も来る日も休まずに駅業務を担当されましたこと、長い間、本当にお疲れ様でした。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      きっぷというものが急速に過去のものになっていることがわかります。
      今回は普通乗車券のルールですが、鉄道会社が国鉄時代からのルールを守らせようとしたら、しっかりとした啓蒙活動が必要でしょう。

      田舎の町の話ですが、高校生になって定期券を使い始めた時に不正乗車が続出しました。もちろん高校に入って定期券を使うのが初めてですから悪意がある不正乗車ではありませんが、ルールを知らないのは本人たちばかりでなく親もルールを知らない。なぜなら田舎の町では親たちは通勤定期などとは無縁の生活をしているからで、初めて定期券を持った子供に使い方を教えることもできないからです。
      「うちの子が不正乗車したなんて」
      そう言って食って掛かる親もいるのが現状ですが、鉄道会社として考えなければならない時期に来ているのではないかと、今回の記事を拝読して思いました。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 鳥塚亮

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      全般検査とは自動車の車検のようなもので、使用頻度など状況にもよりますが通常は8年に一度行われるものです。数多く走っている電車などであれば共通部品も多く、部品のストックも多くありますから検査期間は長くてせいぜいひと月程度でしょうが、SLとなると下手をすれば部品を作るところから始めなければなりませんし、検査を開始して蓋を開けて見て初めて不具合の箇所が判明することもあるでしょう。大事をとって来年の運転はないというのは頷けます。でも、検査を通すということは、さらに今後8年間使うということですから、その点では将来が楽しみです。

残り4

もっと見る