鳥海高太朗 認証済み

航空・旅行アナリスト 帝京大学非常勤講師 報告

企業や個人事業主が集まる商店街という組織においては、潤沢な資金がなく、銀行などからの資金調達も難しいことから、「立て替え=加盟店が出し合うなどして立替分を一時的に支払う必要が生じる」という構図になる。それを回避する意味でも「持続化給付金」のような形で採択された商店街に対して早急に最大300万円を振り込み、迅速にイベントやWEB構築(ホームページ作成)などGo To商店街で使える用途に立て替えなしにお金を使える形にすべきだ。

実施報告の段階で使用用途がルールに反した場合には返還するというルールにすれば問題にはならない。Go Toトラベルでは中小の旅行会社への支払いが2ヶ月以上行われておらず、Go To倒産も現実味を帯びており、各種Go To事業においては特に支払いの迅速化を最優先にすべきだ。

使用用途の想定事例も数日前に掲載されたばかりで、1次締切での採択が34件というのも少ないだろう。

こちらの記事は掲載が終了しています

鳥海高太朗 認証済み

航空・旅行アナリスト 帝京大学非常勤講師

航空会社のマーケティング戦略を主研究に、LCC(格安航空会社)のビジネスモデルの研究や各航空会社の最新動向の取材を続け、経済誌やトレンド雑誌などでの執筆に加え、テレビ・ラジオなどでニュース解説を行う。2016年12月に飛行機ニュースサイト「ひこ旅」を立ち上げた。著書は「天草エアラインの奇跡」(集英社)、「エアラインの攻防」(宝島社)など。

鳥海高太朗の最近の記事

鳥海高太朗の最近のコメント

  • GoToトラベルは来年GWまで~公明提言写真

    日本テレビ系(NNN) 10月27日(火) 13時46分

    鳥海高太朗認証済み

    |

    海外からの訪日外国人が戻らない状況の中で、旅行業界ではGo Toトラベルが終了した後の「アフターGo...続きを読む

  • 免許合宿、GoTo対象外に 国交省「趣旨に沿わない」写真

    朝日新聞デジタル 10月24日(土) 6時20分

    鳥海高太朗認証済み

    |

    今回のGoToトラベルでは、旅行商品の中に組み込まれているオプショナルツアーもGoToの対象となり、...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント