松村太郎

ジャーナリスト/キャスタリア株式会社 取締役 報告 オーサー

Mac Proのフルスペックが574万600円であることは、買わない人にとって大きな意味があるとは思えませんし、おそらく同じようなスペックをWindowsマシンで構築すれば、もう少し安く出来上がりそうです。ただ、特注レベルのコンピュータをオンラインストアで手軽に買えるようにしているAppleも面白いと思います。

クリエイターにとっては、単に高速なマシンで時間を短縮するだけでなく、コンピュータの性能の関係で尻込みしていた表現に取り組める可能性を手に入れるのであれば、良い買い物になるのではないでしょうか。

そしてもうすぐ、映像は4Kから8Kへ、さらに表現はAR・VRへと進んでいきます。時代に応じて高いスペックの製品は安くなっていくかもしれませんが、お金を出せば手に入れられる未来にも価値があると思いました。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 戸田覚

    |ビジネス書作家

    言うまでもなくプロ向けのモデルなのですが、4K動画の編集程度なら、もっと安価なWindowsのBTO...続きを読む

松村太郎

ジャーナリスト/キャスタリア株式会社 取締役

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

松村太郎の最近の記事

松村太郎の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松村太郎

    |

    サブスクリプションは、同じ価値を得る上であくまでお金の支払い方の一つのオプションであって、車が価値と...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松村太郎

    |

    AI採用で効率化されるのはあくまで企業側だと思います。もし企業が、人工知能での採用を作る際のアルゴリ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント