松村太郎

ジャーナリスト/キャスタリア株式会社 取締役 報告 オーサー

ホテルは、エンターテインメント、IoT、ルームサービス、お掃除ロボットなど、テクノロジーに対して積極的です。テック企業からすれば、人の行動が決まっており「実用性の証明」のフィールドとしてホテルを活用しやすい事情があります。またホテル側は差別化や、業務効率化、コストカットなどの手段を求めており、お互いのニーズが合致しています。

Alexaを採用するMarriottは、ルームサービスロボを導入していますが、化粧を落としてからでも人に会わずに料理を受け取れる、ロボットが部屋に来る様子がインスタ映え、などと人気者に。ホテル側は人手が足りない時間帯にルームサービスを手伝ってくれる点で重宝し、ロボット見たさのオーダーで売上も向上しているとのこと。

ホテル向けAlexaも、人件費削減のニーズに合いそうですが、既に音声アシスタントへのプライバシー懸念が強く、人気者になるとは言えないかもしれません。

こちらの記事は掲載が終了しています

松村太郎

ジャーナリスト/キャスタリア株式会社 取締役

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

松村太郎の最近の記事

松村太郎の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松村太郎

    |

    サブスクリプションは、同じ価値を得る上であくまでお金の支払い方の一つのオプションであって、車が価値と...続きを読む

  • Appleの新型「Mac Pro」、1.5TBメモリのフルスペックで574万円(税別) 「ベンツ買える」と話題に写真

    ねとらぼ 12月11日(水) 15時22分

    松村太郎

    |

    Mac Proのフルスペックが574万600円であることは、買わない人にとって大きな意味があるとは思...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント