坂東太郎

日本ニュース時事能力検定協会認定講師 報告 オーサー

「全ての世代が安心できる」「全世代型社会保障」検討は大変結構ですが難しそう。入りと出のうち支出側の「社会保障給付費」(社会保険料+税)の大半が年金と医療で医療費の多くは高齢者ですから抑制しなければどうにもならないのですが、としたら「全世代」のうち高齢者の「安心」が減少。ならばと消費増税でまかなうかと思いきや10月予定の2%の半分は財政再建に充てる予定で社会保障の充実には回りません。ではこの政策が「ふざけるな」かというと現役世代ではそうでもなくて「充実」に子育て世代が含まれるし財政再建分は借金の先送りによる「財政的児童虐待」(国枝繁樹中央大学教授)緩和につながります。しかしなかには財務省が絶叫する財政危機に我が国が本当に見舞われているのか疑問視する声もあり……とややこしいですね

こちらの記事は掲載が終了しています

坂東太郎

日本ニュース時事能力検定協会認定講師

毎日新聞記者などを経て現在、日本ニュース時事能力検定協会監事、十文字学園女子大学非常勤講師を務める。近著に『政治のしくみがイチからわかる本』『国際関係の基本がイチから分かる本』(いずれも日本実業出版社刊)など。

坂東太郎の最近の記事

坂東太郎の最近のコメント

  • 「緊急事態宣言を出してほしい」日本医師会が会見、医療崩壊に危機感写真

    ハフポスト日本版 3月30日(月) 15時13分

    坂東太郎

    |

    文中の釜萢(かまやち)敏氏が「日本医師会常任理事」の立場で語っているのはわかるのですが、同氏は新型コ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    坂東太郎

    |

    「打ち勝つ証しとして、完全な形で実現することについてG7の支持を得た」とは前提として「打ち勝った」と...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント