瀧澤信秋

ホテル評論家 報告 オーサー

ポイントを不正取得が目的の予約は論外であることは当然だが、予約サイト側のポイント付与にかかわるシステムについても改善される契機になることを期待したい。

予約サイトで気軽にホテル予約ができる時代になったが、予約とは契約の申し込みであり、施設側の承諾により成立する法律行為であることを利用者は改めて認識する必要がある。無断キャンセルの予防策として事前の一時金預かりや事前クレジット決済を標準化すべきという声は業界でも強い。

こちらの記事は掲載が終了しています

瀧澤信秋

ホテル評論家

1971年生まれ。一般社団法人日本旅行作家協会正会員、財団法人宿泊施設活性化機構理事、一般社団法人宿泊施設関連協会アドバイザリーボード。ホテル評論の第一人者としてゲスト目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。人気バラエティ番組から報道番組のコメンテーター、新聞、雑誌など利用者目線のわかりやすい解説とメディアからの信頼も厚い。評論対象はラグジュアリー、ビジネス、カプセル、レジャー等の各ホテルから旅館、民泊など宿泊施設全般、多業態に渡る。著書に「ホテルに騙されるな」(光文社新書)「最強のホテル100」(イーストプレス)「辛口評論家 星野リゾートに泊まってみた」(光文社新書)など。

瀧澤信秋の最近の記事

瀧澤信秋の最近のコメント

  • 軽症者の宿泊施設移動は7日から

    共同通信 4月5日(日) 19時09分

    瀧澤信秋

    |

    当然、通常時のホテル営業とは全く異なる運営になるが、このような非常時の対応については経験のないスタッ...続きを読む

  • 【速報】アパホテル「受け入れ」表明 新型コロナ「軽症・無症状」写真

    フジテレビ系(FNN) 4月3日(金) 18時18分

    瀧澤信秋

    |

    感染者数の激増が指摘される都市部におけて、アパホテルは軒数・供給客室数共に圧倒的ボリュウムであること...続きを読む