瀧澤信秋

ホテル評論家 報告 オーサー

ホテルの無断キャンセル問題は宿泊業界でも喫緊の課題とされている。ネット予約の普及により気軽に予約できるようになり、特に何軒も仮押さえをして(故意も含め)キャンセル手続きをしないことも指摘されている。キャンセルフィーの規定はホテルにより様々であるが3日前から発生するようにケースが多く見られる。ただ、キャンセル料が発生する期間でのキャンセルであっても、病気や事故、交通機関の不通といったやむを得ない事情の場合、キャンセル料の請求をしないことを暗黙の了解とするホテルも多い。人気の高いホテルや旅館では予約金の入金を予約成立条件にする施設も一部見られるが、人気施設ゆえに可能なえ強気のスタンスともいえる。事前クレジットカード決済を標準化すべきという声も強いが予約萎縮も懸念する施設も多く実現には至っていない。とにかく「キャンセルの場合は早めの連絡を」というのはホテル・旅館の切実な願いだ。

こちらの記事は掲載が終了しています

瀧澤信秋

ホテル評論家

1971年生まれ。一般社団法人日本旅行作家協会正会員、財団法人宿泊施設活性化機構理事、一般社団法人宿泊施設関連協会アドバイザリーボード。ホテル評論の第一人者としてゲスト目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。人気バラエティ番組から報道番組のコメンテーター、新聞、雑誌など利用者目線のわかりやすい解説とメディアからの信頼も厚い。評論対象はラグジュアリー、ビジネス、カプセル、レジャー等の各ホテルから旅館、民泊など宿泊施設全般、多業態に渡る。著書に「ホテルに騙されるな」(光文社新書)「最強のホテル100」(イーストプレス)「辛口評論家 星野リゾートに泊まってみた」(光文社新書)など。

瀧澤信秋の最近の記事

瀧澤信秋の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    瀧澤信秋

    |

    訪日外国人旅行者が戻るか戻らないかという話が話題になるが、戻るか戻らないかという話ならば“戻る”とい...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    瀧澤信秋

    |

    近年、ホテル全体としては宿泊特化型ホテル(いわゆるビジネスホテル)のボリュウムがかなり大きくなってい...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント