瀧澤信秋

ホテル評論家 報告 オーサー

ホテルの料金は繁閑、需給で変動するのが一般的である。業界ではレベニュー・マネジメントといわれる。これは航空会社などでも用いられる手法で、ホテルの空室や飛行機の座席など「在庫の繰り越しができないビジネス」において、需要を予測して売上高の最大化を目ざす販売管理方法といわれ、多くのホテルが取り入れている。ただ、“正規料金の○倍まで”というように上昇幅にも一定のルールを設けているホテルも多い。

一方、時に非常識な便乗値上げとおぼしきケースもみられ、キャンセル料100%・事前カード決済などの縛りも散見する。まだ予約開始していない宿泊施設やこれから新規に開業するケースや、郊外の施設、一般の予約サイトに掲載されない一般利用のできるレジャーホテルなど多様な選択肢があるので、慌てず冷静な情報収集が肝要だ。

こちらの記事は掲載が終了しています

瀧澤信秋

ホテル評論家

1971年生まれ。一般社団法人日本旅行作家協会正会員、財団法人宿泊施設活性化機構理事、一般社団法人宿泊施設関連協会アドバイザリーボード。ホテル評論の第一人者としてゲスト目線やコストパフォーマンスを重視する取材を徹底。人気バラエティ番組から報道番組のコメンテーター、新聞、雑誌など利用者目線のわかりやすい解説とメディアからの信頼も厚い。評論対象はラグジュアリー、ビジネス、カプセル、レジャー等の各ホテルから旅館、民泊など宿泊施設全般、多業態に渡る。著書に「ホテルに騙されるな」(光文社新書)「最強のホテル100」(イーストプレス)「辛口評論家 星野リゾートに泊まってみた」(光文社新書)など。

瀧澤信秋の最近の記事

瀧澤信秋の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    瀧澤信秋

    |

    ポイントを不正取得が目的の予約は論外であることは当然だが、予約サイト側のポイント付与にかかわるシステ...続きを読む

  • 川崎に星野リゾートの都市ホテル「OMO3」 「旅のテンションを上げる」合言葉に写真

    みんなの経済新聞ネットワーク 2月4日(火) 12時07分

    瀧澤信秋

    |

    星野リゾートの施設立地といえば観光地・リゾート地というイメージであるが、OMOは星野リゾートの都市型...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント