Y!オーサー

竹村俊彦

九州大学応用力学研究所 教授

竹村俊彦

1974年生まれ。2001年に東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。2001年から九州大学応用力学研究所助手。2006年から同研究所准教授。2014年から現職。専門はコンピュータを使った大気中の微粒子(エアロゾル)により引き起こされる気候変動・大気汚染の数値シミュレーション。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書主執筆者(Lead Author)。SPRINTARS PM2.5・黄砂予測を運用。地球科学分野で日本人で唯一Highly Cited Researcher(高被引用論文著者)に選出中(5年連続)。2018年度日本学士院学術奨励賞・日本学術振興会賞。

  • 参考になった3725

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      島民の皆様の状況が心配です。気象庁が実施している降灰予報によると、口永良部島以外にも、風向の影響で屋久島でも多量の降灰が予測されています。また、種子島にも影響がありそうです。火山灰を含む空気を吸い込むと呼吸器に大きな影響があるため、多めの降灰が予測される地域では外出を控えること、外出しなければならない場合はマスクをすることが必要です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      これは国連環境計画(UNEP)がCOP会議前に毎年「科学的知見に基づいて」公表する「Emission Gap Report(排出量のギャップに関する報告書)」というものです。何も対策をしないと2030年の温室効果ガス排出量は1年あたり65ギガトンと見込まれますが、各国の現在の削減目標達成では59ギガトンになります(つまり6ギガトン削減)。しかし、産業革命前と比較して2度の昇温に抑えようとすると(すでに1度弱上昇してしまっていることに注意)、40ギガトンにする必要があり、さらに6ギガトンの3倍程度の排出量削減の上積みが必要ということです。地球温暖化による豪雨や熱波の頻度増加が確からしいことが科学的に調べられてきた現在、その被害を熟考し、政策だけに頼るのではなく、排出量削減をコストと捉えるか新しいことを生み出すチャンスと捉えるか、人類1人1人のそれぞれの立場での意識向上が鍵でしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      乾燥地帯での大規模な砂嵐は、おおよそこのような形で発生します。中国内陸部や北アメリカやオーストラリアで発生すると、市街地や住宅地が砂嵐で覆われやすいことから、映像にも残ります。このような大規模な砂嵐の残骸が、黄砂として日本にも飛来することがあります。この映像の地域は、冬期は積雪で覆われて砂嵐の発生が抑えられるのが一般的ですが、今年はまだ積雪がないか少ないものと考えられます。黄砂が冬に飛来しないのは、発生源が積雪で覆われることが主な理由です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      詳細は気象庁から報道発表されてホームページに掲載されています。二酸化炭素の2017年の世界平均濃度は405.5ppmであると今回発表されました。石炭・石油などの化石燃料を使用していなかった産業革命前の濃度は約280ppmですので、45%程度増加してしまっています。南極の氷に閉じ込められている気泡などから解析できている過去約80万年間で、たった約250年間でこれほど二酸化炭素濃度が増加したことはありません。地上付近の気温の昇温率は大きくなったり小さくなったりしますが、二酸化炭素濃度は1年あたり約2ppmずつ着実に増加しています。二酸化炭素が増加すると、海や大気や陸に着実にエネルギーが余分に蓄えられていきます。大気中に二酸化炭素が放出されてしまうと、数十年から百年程度は大気中に漂い続けるので、排出量削減の対策が遅れれば遅れるほど地球温暖化による影響が長引いて、対処が難しくなってきます。

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「いぶき2号」は温室効果ガスを測定する人工衛星であるにもかかわらず、初画像がPM2.5や砂塵の画像というのが不思議ではありませんか?これは、温室効果ガス濃度を解析するためには、PM2.5などの微粒子の量も知る必要があるからです。詳細は、私自身が書いたYahooニュースの記事にて解説しています。

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      論文にざっと目を通してみました。まず、記事中に「年に数回の言語力や数学力を問う知能テストを実施」とありますが、テスト自体は2010年と2014年のみ(しかも調査都市は両年で一致していない)とのことなので、記事が間違っています。テスト実施日を基準として、どれくらい過去に遡って大気質の指標の平均値を取って統計上のスコアの中に含めるかで、大気汚染にさらされる期間の違いとしているようです。私は疫学調査の専門家ではありませんが、統計の取り方に問題がありそうです。この研究論文が掲載されたPNASは、質の高い(インパクトの強い)雑誌として有名であるため、一般向けの記事として取り上げたものと思いますが、真偽については慎重に取り扱う必要がありそうです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      被害が広範囲に及んでいることから、局所的な竜巻が主要な原因とは考えにくいです。私が運用しているSPRINTARS予測によると、パキスタンおよびインド・パキスタン国境の砂漠地帯で発生した大規模な砂嵐が、居住地域に飛来したと考えるのが妥当でしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      このニュース記事の「詳しく知る」欄のリンク先(あるいはこのコメントの私の名前のリンク先の「記事」)で、今回の現象の仕組みを解説しています。シベリアで起こっている森林火災の煙が北海道へ飛来することは、私が開発して運用しているPM2.5予測システムにより、2日ほど前から予測できていました。これは、リアルタイムの森林火災の情報を入力して予測計算しているために可能です。そういった情報を入力していない予測システムでは、今日の北海道のPM2.5高濃度は当然予測できません。このシーズンは、シベリアでの大規模な森林火災が毎年起こっているため、気圧配置によっては北日本へ煙が流れてきます。空が霞んでいる時には、できるだけ屋外での活動を控え、外出する際にはマスクをすると良いでしょう。しばらくはシベリア森林火災は続くことが予想されるため、私が運用しているPM2.5予測から事前に情報を得ておくことも有効でしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「九州大学などによると、19日は九州北部でも日本の環境基準を超える汚染濃度になる可能性があり、注意が必要だという。」とありますが、この予測は私が提供している情報を見て報道しているものと思います。しかし、今日は私は日本テレビからの取材には応じていませんので、私がコメントしたように報道するのは問題が大きいですね。しかも、明日(19日)の九州北部は一時的にいつもよりは少しPM2.5の濃度が上がる、という程度の予測であり、ニュースでわざわざ注意を促すレベルではないでしょう。ということで、この報道は悪質です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 竹村俊彦

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      車の通行をナンバーで規制するなど、その場しのぎの対策はほとんど効果はありません。PM2.5の濃度は、ほぼ日々の気象条件で決まります(私の12月2日の記事に解説)。私が無償で提供しているSPRINTARSのPM2.5予測情報によると、前線が通過して風で吹き流されることにより、今日(14日)午後から北京の濃度は低下していき、明日(15日)の北京は青空が広がるでしょう。その一部が、15日深夜から16日にかけて、日本へ飛来してくると予測されています。当然、濃度は相当薄まった状態での飛来です。

残り7

もっと見る