Y!オーサー

高口康太

ジャーナリスト、翻訳家

高口康太

ジャーナリスト、翻訳家。 1976年生まれ。二度の中国留学を経て、中国を専門とするジャーナリストに。中国の経済、企業、社会、そして在日中国人社会など幅広く取材し、『ニューズウィーク日本版』『週刊東洋経済』『Wedge』など各誌に寄稿している。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか――人気漫画家が亡命した理由』(祥伝社)、『現代中国経営者列伝』(星海社新書)。

  • 参考になった13551

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      THAAD問題以降、車や電機製品、韓国資本の小売りチェーンは苦戦していますね。ただ化粧品や飲食店、アイドルなどのカルチャーは安定して伸びている印象です。記事でも韓国人経営の韓国料理店は大盛況とありますし(笑)。以前に中国の友人と話したのですが、「韓国は好きではないが、韓国料理と化粧品は大好き」との答え。こういう人は結構多いというか、もはや嫌えないほど中国市場に浸透したジャンルだと思います。

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      EV導入にしゃかりきだった中国でも潮目が変わってきた印象があります。結局のところ「今のEVを欲しがる消費者はいない」のが現状です。値段が高く、航続距離が短く、中古での売却価格が安い。中国では補助金や規制によって販売促進していますが、結局はタクシー、シェアカー、バスなど法人需要が中心です。
      たとえ全固体電池が実用化しても上述の欠点が解消されるわけではないようです。本当にEVが正解なのか、慎重に見定める必要があるでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ついに発表されたファーウェイの新OS。発表会によると、分散アーキテクチャ、セキュアなマイクロカーネルアーキテクチャ、マルチデバイスに自動対応し開発コストを削減といった特徴がアピールされています。特にアンドロイドやiOSと比べて、IoT機器などへの搭載に便利とアピールされています。明日発表されるファーウェイのスマートディスプレイが初のHarmonyOS搭載機器になるとのこと。いろいろ新OSの優位性が語られているのですが、実際にプロダクトを触ってみないとなんとも言えないですね。
      ちなみに今日はファーウェイのカスタム・アンドロイドOSであるEMUI10も発表されました。PC、スマホ、スマートスピーカー間での連携を強化する機能が最大の売りとのこと。日本のユーザーにとっては新OSよりも、EMUIのアップデートのほうが身近で気がかりでしょうね

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      中国の商標は先願主義のため、先に申請したものが通ります。いったん認可されれば、それを覆すのはきわめて大変ですが、今回のケースでは審査に入った段階でニュースになっているため、羽生さんのマネジメント会社が速やかに異議申し立てをすれば、不受理となるでしょう。
      とはいえ、ニュースにならず気づかなかったら大変なことになるわけで、もうちょっといい制度がないものかと思いますね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      香港の新学期は9月から。夏休み期間中は若者たちがデモなど活動をしやすい時期です。どんなに長引いても9月以降は収束に向かう可能性が高いと思われますが、それまで香港政府は待てるか。警官による暴力事件など、怒りをかきたてる材料を投入すればまた局面は変わるので、当局も舵取りが難しいところですね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      関税の影響を避けるため、サプライチェーンの調整を進める動きが進んでいますが、難航しそうです。サプライヤーが集中し、大量の労働者がいて、インフラが整っている……… と、中国ほど条件が整った国が他にないからです。
      サプライチェーンの調整に関するコストは最終的に消費者がお支払いすることになるわけで、ちょっと憂鬱な気持ちになりますね。

    • 高口康太

      | 報告

      交渉が暗礁に乗り上げるなか、トランプ政権は第4弾関税、そして今回の為替操作国認定と圧力を強めています。中国はどう対応するのでしょうか。
      一つ、ポイントとなりそうなのが、中国共産党中央のトップと元老たちの会合である北戴河会議が開催中という点です。米中関係も必ず議題として取りあげられますが、従来の流れから見ると弱腰対応を責められないよう、最強の対応を見せる可能性が高いと思われます。
      習近平が柔軟な対応をとりづらい時期に、圧力を高めていく。譲歩を引き出しづらい時期に為替操作国認定をしたトランプ政権の意図に注目です

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      独自OSは、AOSP(アンドロイドオープンソースプロジェクト)をカスタマイズしたもの、ロシア系のAurora OSの派生という2種類が噂されていますが、まだ全容はわかりません。アプリストアに関しても、現在稼働しているファーウェイのアンドロイドストアの「AppGallaly」はかなりの充実ぶりですが、米国の制裁が厳格に実行された場合、そのアプリを新OSのストアに出せるかが課題となります。
      ともかくわからないことだらけ、任正非さんも煙幕を張っている部分も多いので、今後の展開を待たないとはっきりしたことは言えませんね。

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      サムスン、アップル、ファーウェイ、オッポ、VIVO、シャオミ。
      この6社が年産で1億台以上のスマホを売る巨大メーカーです。1億台の規模がないと、コスパがいい汎用機は作れない。そういう時代になっていますね。SIMフリーで売れる低価格帯は、日本では上記6社のうちファーウェイとOPPOしかないので、IIJがファーウェイの販売を再開するのも理解できますね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 高口康太

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      香港市民が中国共産党からなにかの譲歩を勝ち取るには、抗議デモなどで人を集め、団結した民意を見せる必要があります。
      暴力的な抗議運動は支持しない香港市民も多いため、今後のデモ参加者数は減るでしょう。
      あまり得策とは思えませんが、統一した指導部もなく、自由な人々の集まりによる抗議運動なので、統制が取れないのは仕方がないのでしょうが。

残り9

もっと見る