園田寿 認証済み

甲南大学法科大学院教授、弁護士 報告

麻薬特例法とは、「規制薬物」を他国と協力して取り締るための法律です。「規制薬物」とは、(1)麻薬及び向精神薬取締法の「麻薬」と「向精神薬」、(2)あへん法の「あへん」と「けしがら」、(3)大麻取締法の「大麻」、そして(4)覚醒剤取締法の「覚醒剤」のことです。具体的な取締り内容としては、コントロールド・デリバリー(泳がせ捜査)の実施、マネーロンダリングの処罰や不法収益の規制、規制薬物濫用のあおりや唆(そそのか)し行為の処罰などです。この「あおり罪」や「唆し罪」(最高3年の懲役)は案外知られておらず、とくに海外で嗜好用大麻の非犯罪化が進んでいますので、安易な気持ちで海外旅行先での規制薬物の体験談などをSNSなどに書き込んだりすることは、表現によっては犯罪行為になります(ただし、大麻については解釈上の問題はあります)。なお、禁制品であってもだまして買わせることは詐欺罪にもなります。

こちらの記事は掲載が終了しています

園田寿 認証済み

甲南大学法科大学院教授、弁護士

1952年生まれ。関西大学大学院修了後、関西大学法学部講師、助教授をへて、関西大学法学部教授。2004年からは、甲南大学法科大学院教授(弁護士)。専門は刑事法。ネットワーク犯罪、児童ポルノ規制、青少年有害情報規制、個人情報保護などを研究。主著に『情報社会と刑法』(2011年成文堂、単著)、『インターネットの法律問題-理論と実務-』(2013年新日本法規出版、共著)、『改正児童ポルノ禁止法を考える』(2014年日本評論社、共編著)、『エロスと「わいせつ」のあいだ』(2016年朝日新書、共著)など。趣味は、囲碁とジャズ。【座右の銘】法学は、物言わぬテミス(正義の女神)に言葉を与ふる作業なり。

園田寿の最近の記事

園田寿の最近のコメント

  • 会田誠氏らのヌード講座は「セクハラ」 東京地裁、大学側に賠償命令写真

    朝日新聞デジタル 12月4日(金) 19時57分

    園田寿認証済み

    |

    問題点は2点あると思われます。
    第1に、わいせつ性について裁判所がどう考えたかです。従来、作品のわい...続きを読む

  • 安倍氏公設秘書ら略式起訴へ 「桜」3千万円不記載か写真

    朝日新聞デジタル 12月4日(金) 5時00分

    園田寿認証済み

    |

    公職者や候補者などの後援団体は、その設立目的(政治家の政策に共鳴して応援するなど)によって行う集会、...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント