園田寿

甲南大学法科大学院教授、弁護士 報告 オーサー

教師の生徒に対する「懲戒権」は、学校教育法11条で認められていますが、「体罰」は禁止されています。「体罰」とは、身体に対する懲戒であり、殴る・蹴るといった行為が典型ですが、正座や直立などを長時間行わせ、肉体的苦痛を与えるような懲戒も「体罰」です。ただ、裁判所によると、身体に対する有形力の行使は、それが生徒の身体に対する侵害あるいは肉体的苦痛を与えるものと言えなければ、懲戒権の内容として許容される場合のあることが認められていて、平手および軽く握った手拳で生徒の頭部を数回軽く叩いた行為について、正当な懲戒権の範囲内だとしたものがあります(暴行罪を否定)。
本件動画を改めて見ると、教師は生徒の左足をかなり強い力で蹴りつけており、さらにその直後に生徒の右顔面を、生徒が倒れるほどの力で殴っている点で、強い肉体的苦痛を加えており、もはや正当な懲戒権の範囲をはるかに超えていると言わざるをえません。

こちらの記事は掲載が終了しています

園田寿

甲南大学法科大学院教授、弁護士

1952年生まれ。関西大学大学院修了後、関西大学法学部講師、助教授をへて、関西大学法学部教授。2004年からは、甲南大学法科大学院教授(弁護士)。専門は刑事法。ネットワーク犯罪、児童ポルノ規制、青少年有害情報規制などが主な研究テーマ。現在、兵庫県公文書公開審査会委員や大阪府青少年健全育成審議会委員などをつとめる。主著に『情報社会と刑法』(2011年成文堂、単著)、『インターネットの法律問題-理論と実務-』(2013年新日本法規出版、共著)、『改正児童ポルノ禁止法を考える』(2014年日本評論社、共編著)、『エロスと「わいせつ」のあいだ』(2016年朝日新書、共著)など。趣味は、囲碁とジャズ。

園田寿の最近の記事

園田寿の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    園田寿

    |

    窃盗とは、財物に対する事実上の支配(占有)を排除して、犯人が自分のものにするために自己の占有を不法に...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    園田寿

    |

    あおり等の危険運転が致死傷の結果につながった場合は、危険運転致死傷罪が成立しますが、あおり運転が問題...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント