松谷創一郎

ライター、リサーチャー 報告 オーサー

スポーツ報知がこうした記事を出すのは、非常に強圧的な意味が込められていると受け止めることができます。なぜなら報知新聞は読売グループだからです。そして、日本テレビが読売グループであることには、説明の必要はないでしょう。
そもそも「“裏切り行為”があったわけだから、何らかのペナルティーがないと、木村さんや他のタレントに示しがつかない」と、なぜテレビ局関係者がそんな判断をしなければならないのでしょうか? ジャニーズ社内の問題をそこまで気にする必要は本来的にありません。
それにしても、このスポーツ新聞各紙の一気呵成のSMAP4人叩きはなんとも気味が悪いものです。1社くらい4人の側について、ジャニーズ社を批判すればいいのにと思いますが、喧嘩したくないんでしょう。
なんにせよ、スポーツ紙のそうした姿勢と世論が完全に正反対であることは間違いありません。

こちらの記事は掲載が終了しています

松谷創一郎

ライター、リサーチャー

1974年生まれ、広島市出身。商業誌から社会学論文まで幅広く執筆。国内外各種企業のマーケティングリサーチも手がける。得意分野は、カルチャー全般、流行や社会現象分析、社会調査、映画やマンガ、テレビなどコンテンツビジネス業界について。現在、『先読み!夕方ニュース』(NHKラジオ第1)にレギュラー出演中。著書に『ギャルと不思議ちゃん論:女の子たちの三十年戦争』(2012年)、『SMAPはなぜ解散したのか』(2016年)、共著に『どこか〈問題化〉される若者たち』(2008年)、『文化社会学の視座:のめりこむメディア文化とそこにある日常の文化』(2008年)など。社会情報学修士。

松谷創一郎の最近の記事

松谷創一郎の最近のコメント

  • 2016年映画興収『君の名は。』が牽引 東宝社長「新しいアニメーション時代の到来」写真

    オリコン 1月24日(火) 15時19分

    松谷創一郎

    |

    好調だった2015年は4Dと消費税の影響がありましたが、16年は『君の名は。』『シン・ゴジラ』と日本...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    松谷創一郎

    |

    『ハウルの動く城』が韓国で公開されたのは、2004年末のこと。しかし当時の韓国映画産業は、現在よりも...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント