Y!オーサー

白河桃子

相模女子大学客員教授、昭和女子大学客員教授

白河桃子

東京生まれ、慶応義塾大学卒。少子化、女性のライフキャリア、男女共同参画、女性活躍推進、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティ、働き方改革、などがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに19万部超のヒットとなった著書「婚活時代」で婚活ブームを起こす。内閣官房「一億総活躍国民会議」民間議員。内閣官房「地域少子化対策検証プロジェクト」委員。著書は「ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち」「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」「女子と就活」「産むと働くの教科書」など多数。

  • 参考になった80073

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      れは学校、教育現場だけを止めればいいという話ではなく、まずは経済活動のどこを絞るか・・・というのを先に決める問題ではないでしょうか。最優先されるのは人の命に関わる部分。それを支える人たち。

      政府は経営サイドと対話したのだろうか? 経営者が自社の社員の休暇や仕事量を見直し、社会にリソースを拠出しなければいけません。

      これは「一律」対応ではなく「緊急事態にどうリソースを選択集中させるか」という課題です。

      経営者は自社の目標を見直し、リソースを集中させ、現場の仕事を見直してほしい。2週間止まっても、会社の存続に長期に影響がない仕事はどこでしょう? どこまで社会にリソースを拠出できるでしょう? 会社が今までと同じタイムスケジュールで動き続ける限り、他の部分だけを絞るのは無理です。

      経済的な損失に対しては当然財政出動が必要。非正規で経済的打撃を被る方達などを中心に、財政的支援が必要です。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      人手不足もあり、子供に関わる現場のデジタルシフトは本当に大事ですね。ツールは現場が選んで欲しいと思います。保護者は全員がパソコンを持っているわけではないのでスマホやケータイを中心にしたデジタルシフトが効果的です。教師の働き方改革でまずできることは、デジタル対応を増やすこと。手書きの連絡帳など、保護者にも先生にも負担になっているのではないでしょうか? 先日保育園の働き方改革のイベントで講演したのですが、先進事例として、上手にITを取り入れ、本来の業務である子供への対応以外の書類仕事を省力化している例が多かった。その時は海外の保育園を取材した話をしました。連絡帳を一人一人手書きにすることに膨大な時間を割くことはせず、掲示板でのお知らせと親との立ち話でいいそうです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      最近電話のならないオフィスも増えていますよね?メルカリの小泉さんに取材して「うち電話ないです」と言われて驚きました。基本社内のやりとりは全部スラックだそうですね。今後そういうオフィスもどんどん出てくるでしょうね。今の職場って本当にシーンとしています。いずれビジネスチャットができない人の方が問題になるかも知れません。いや、すでになっているかな。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      政治家は世論に敏感です。世論とはなにか?ある時に某大臣にたずねたところ、それは「新聞やテレビに出ること」という直裁な回答だった。まだまだ旧メディアの影響は大きく、旧メディアである新聞やテレビがいかに敏感に世の中の動向を報道するかで、政策に大きな影響が出る。
      きちんと調査してエビデンンスを。さらにこの政策は誰のためかといえば、すでに家族形成をしている人だけでなく、未来の家族形成のためです。若い人の声に比重を置くべきでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      検討会委員です。この問題の本質は高度成長期のビジネスモデルが時代に合わなくなっていたにも関わらず、成功体験が強すぎたために本部が変更できなかったというところにあります。その歪みは全て加盟店オーナーが緩衝材となって吸収したのですから、表向きのコンビニ本部の財務指標は影響されない。これでは危機感の持ちようがありません。

      オーナーが24時間問題を契機に声をあげ、それを経産省が可視化した。そこで「フランチャイズ法」などの法規制をさせたくないコンビニ本部サイドが、様々な改革案を先んじて打ち出したわけです。

      今後「オーナーが物言う風土ができたか?」「契約が一律から柔軟にどれだけ進めたか」「加盟店オーナーとコンビニ本部の紛争解決を請け負う場所ができたか」というところが、今回の委員会の提言の実効性が問われるところでしょう。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      保守的な地方に行くほど「長男長女同士で縁結びすらできない」という話を聞きます。地方の縁結びはもう限界。少子化対策としても選択的夫婦別姓は有効です。
      選択的夫婦別姓は「自分の姓を残したい」という人たちの結婚も救います。
      あくまで選択なので、同姓にしたい人にはなんの損もありません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      大賛成です。その理由は1)男性上司が育休を取ることは同僚の2.5倍の効果がある。(東大山口慎太郎先生)よって大臣が率先して取ることは日本全体の取りやすさに繋がる。2)日本の産後の女性の死亡率の一位は産後うつによる自殺。産後二週間をパートナーが寄り添い脆弱な状態の女性をサポートすることは母子保健の点からも重要3)男性にとっても育児は仕事と同じように大事なものであることのメッセージ4)男性にも子育てをする権利があることへのメッセージ。
      以上のような点で、これは時代のターニングポイントになる、国民の代表である政治家の行動としては、次世代にも大きな影響があるベストな選択です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この事例をきっかけに、これは特殊なサンプル1ではなく、多くのオーナーが不満を抱えつつ、本部との力関係で口を噤んでいたことが明らかになりました。今後は「オーナーから本部へのホットラインなど、オーナーとの対話の強化」をコンビニサイドも提案しています。しかしADR(裁判外紛争解決手続)なども必要ではないか?彼の訴えがきっかけで「24時間365日営業」の柔軟化が進みそうなのですが、当の本人は裁判となりました。
      コンビニのあり方検討会は年明けに終わりますが、公取委が8年ぶり、3回目の調査に入っています。「調査項目は、本部の加盟店募集時の情報開示のあり方や契約締結後の本部と加盟店の取引、取引先の制限、見切り販売などを含めた「優越的地位の濫用」「再販売価格の拘束」「拘束条件付取引」といった前回調査項目を踏まえて決定する。今回は、前回調査項目にに加えて、24時間営業に対する本部の対応状況も調査する。」

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      なぜ今このタイミングで・・・と思います。以前から確執があったオーナーと本部。和解に至らなかったのは残念ですが、彼の問題提起は「昭和のコンビニビジネス」の形態がすでに令和を待たずに崩壊していたことを裏付ける様々な事象を可視化する発端となりました。新たなコンビニのあり方検討委員会では12月23日に骨子の議論をし、いずれも「骨子の表現が手ぬるいのでは」という厳しい意見が委員から出ました。特に本部と加盟店という圧倒的な力関係の差が「優越的地位の乱用」にならないように「加盟店優先・オーナー重視という視点からのビジネスモデルの再構築」が骨子では求められています。しかし「声をあげたオーナーが結局は切られる」ことが明確になっては、「対話ができます」と言われても加盟店が声をあげられるのだろうか? 他にも第三者による法廷以前の紛争解決ができるような仕組みが必要と、委員として引き続き提案して行きます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      セクハラやパワハラの温床になりやすい社内のお酒の席がどんどん敬遠されています。忘年会スルーが話題ですが、スルーされないで、多くの社員が楽しめる工夫をいくらでも作ることができる。オフィス内忘年会は、簡単にビールやおつまみでというのは外資系にいた頃はよくやっていましたね。夜遅くまで外で呑んだくれるだけが忘年会ではありません。ある中小企業のオーナーが「うちの精密機器の技術者はほとんどが近所の主婦の方。中小企業は社内の関係性がすべてなので、親睦は大事だけれど、6時までには終わる設定にしている。そうでないと来てもらえないから」と言っていました。子育て中の女性らに配慮しての「リモート忘年会」もいいですね。多様性とは一部の人に気遣うことではなく、多様な人が多様な形で参加できる工夫をすること。

残り55

もっと見る