Y!オーサー

白河桃子

相模女子大学客員教授、昭和女子大学総合文化センター客員教授

白河桃子

東京生まれ、慶応義塾大学卒。少子化、女性のライフキャリア、男女共同参画、女性活躍推進、不妊治療、ワークライフバランス、ダイバーシティ、働き方改革、などがテーマ。山田昌弘中央大学教授とともに19万部超のヒットとなった著書「婚活時代」で婚活ブームを起こす。内閣官房「一億総活躍国民会議」民間議員。内閣官房「地域少子化対策検証プロジェクト」委員。著書は「ハラスメントの境界線 セクハラ・パワハラに戸惑う男たち」「御社の働き方改革、ここが間違ってます!」「『逃げ恥』にみる結婚の経済学」「女子と就活」「産むと働くの教科書」など多数。

  • 参考になった36973

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      公が代わりに徴収し、社会保障番号などで税金並みに追いかけて取り立てる。こういう方式はすでに海外で取られています。シングルマザーの貧困が先進国では突出している日本。ぜひ国でやってほしいですね。せっかくマイナンバーを入れたのですから。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      とても良い記事ですね。彼女のような活動家が生まれる社会背景が詳しく描写されています。
      私も今年北欧に行ってきましたが、北欧5カ国の教育はとても優れており、連携しているプログラムもありますが、根本の思想はとても似ています。誰もが包括される社会です。

      そして税金が高い分だけ、有権者教育も盛んで、子ども達も幼い頃から、本物の投票箱を使って(選挙の場所になる学校には本物があります)模擬選挙をやります。未来の有権者は厳しく政治をチェックしている。また政府も子どもにもわかるように政策を動画で説明したりもする。子どもだから黙っていろというのは、やはりおかしい。だって未来は確実に彼らのものなのですから。

      高い税金を払うのは、誰もが参加でき、声をあげられる国に対する信頼があるからです。日本は税が上がるたびに怨嗟の声が起きますが、やはりそれは政府の信頼度の違いでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ハラスメントは組織のリスク。現場の管理者のハラスメントへの認識が甘すぎるのではないでしょうか?こうした学校で、子どもたちが「いじり」「いじめ」の犠牲になっていないか、親は当然心配になるでしょう。
      五人が加害者と名指しされ、四人が休職する。これだけの人数が関わっているのですから、管理者に認識がないとはとても思えない。隠蔽体質が招いた失策ではないか。
      一日も早い第三者委員会での検証が待たれます。
      教育現場の混乱はいかばかりかと心配になります。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      先ほども投稿しましたが、やはり映像が出てきましたね。第三者委員会などでの検証が待たれます。

      ハラスメントは組織のリスクで、管理者の認識やガバナンスが甘かったとしか言いようがありません。
      管理者は責任を持ってハラスメントを防止しなければいけません。不幸にも起きてしまったら、「話し合い」など内輪で解決しようとせずに、スピーディに検証するべきです。隠蔽体質が招いた最悪の事態とも言えそうです。

      しかし激辛カレーを使うなど、これはテレビで散々見てきたお笑いの「いじり」の手口。こうした笑いを許す風潮も、ハラスメントを招くのです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      女性大臣は安定の2名・・・EUではすでに女性の比率は5割にならないとニュースにならないのに、この差を埋める日は来るのでしょうか? 女性や若者には閉塞感が広がる人事ですが、その中で唯一「変化」の兆しが若手の入閣。小泉進次郎さんを持って「日本初の育休取得大臣」誕生を最速で実現できるチャンスです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      議員の育休を一般社員と同列に考えてはいけない。一般社員の育休とは違い「影響力」があるからこそ、小泉進次郎さんが「育休」を取ることに意味がある。政治家の言動は全てメッセージです。男は「育児より仕事」「育児は女性の仕事」という「昭和」の価値観から脱却し、「令和」の男性と育児へのメッセージとなるでしょう。三重県鈴木英敬知事は自身の体験を語っています。「批判はどんな形で育休を取得しても絶対あります。成澤さん(文教区長)も、湯崎さん(広島県知事)も、僕もそうでした。一時的に批判されても、その後も育児参画を続ければ、批判はなくなります。平成30年度の三重県庁の男性職員の育児休業取得率は36.67%で過去最高に。私が知事になる前年の平成22年度は1.92%、私が育休を取得した翌年の平成25年は13.04%とはねあがりました。そういう周りへの効果もあります」

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      契約違反という声もありますが、ビジネス環境が変わった中、ずっと変わらないフランチャイズのあり方も問われていると思います。
      またコンビニは24時間365日というのも人が決めたルールですから、変えることはできる。社会インフラの役割を今の環境のオーナーさんに求めるのはあまりにも酷です。社会インフラにするなら、相応のコストを払わなければいけません。
      コンビニの契約は15年などの長期です。ビジネス環境の変化は1)人手不足で人件費の負担が増加2)競合の増加で売り上げ減(同チェーンを始め、ドラッグストア、スーパー)3)人口減による商圏の縮小など。
      その中でギリギリ頑張っている人も多い。この方は特殊なケースという声もありますが、一人の問題が社会課題だったというのが今回のケースです。この声を無視せずしっかり向き合うことが、コンビニビジネスの今後を決めるでしょう。

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      素晴らしい勇気ですね。助けてと声をあげた人に他の人が協力してくれる。だだ、これが本当に後遺症が残るような怪我なら大変です。一般人が被疑者を取り押さえるのに協力したら保証が出ることもある・・・・この制度は初めて知りました。
      友人の女性エンジニアが作った痴漢レーダーというアプリが大ヒットしています。痴漢にあったらポチりとするだけで、被害の位置情報が収集され、集中している路線などは対策を迫られる仕組み。路線価などにも影響する。
      助けてという声に対応してくれる人がいるのはありがたいことですが、誰も危険な目にあって欲しくない。
      動画での通報、アプリで匿名で通報するなど、多くの人が危険な目にあうことなく、このような被害がなくなるようにしたいものです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      記事がヤフトピに載っているのをスマホのプッシュ通信で知りました。コメントくださった皆様、ありがとうございます。おっしゃる通り、素晴らしい原作と、その原作を大切にしながら、しっかりドラマを作ってくれたドラマチームの皆様のお仕事ぶりが評価されたのだと思います。原作は良くてもズタズタになってしまうこともあるけれど(何とは言いませんが)、最近の日本の漫画からの実写化は割と成功していると思います。また、日本の漫画原作でこれはと思うものはすでに全部海外に版権が行っているそうですよ。でも何食べはハリウッド版がちょっと想像できない。なぜなら小津安二郎の世界だから・・・

    • 白河桃子

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ご静養なさって、1日も早い回復をお祈りいたします。早期発見で本当によかった。医学の進歩で乳がんは早期発見で治るガンとなって来ました。
      ところが、乳がんの検診率は高くありません。「乳がん検診の40~69歳*の受診率は34.2%です。5つの検診の中でがんが発見される割合が最も高い一方で、受診率は子宮頸がんに次いで低い検診です。」(日本医師会HP)
      友人の鈴木美穂さんは20代で乳がんとなり、その後ガン患者とその家族、友人のための施設マギーズ東京を立ち上げました。
      ぜひ幅広い年代の女性、特に非正規や主婦の方に検診を受けて欲しいです。
      先日健康経営銘柄のワコールに聞いたところ、8割が女性のワコールでは「「検診車」がいる期間を二週間にしている。女性は生理などの事情があり受けられない日もある。二週間あれば全員が受診してくれる」と言っていました。そのぐらいの工夫があって、初めて検診率も上がります。

残り17

もっと見る