篠原修司

ITジャーナリスト 報告 オーサー

木下優樹菜さんのタピオカ店炎上事件はまだ収まったとは言えません。
理由は簡単で、世間に対してタピオカ店側の情報(気持ち)がおりてきていないからです。
もう許しているのか、和解できているのか、なにもわからないままでは、テレビで木下優樹菜さんを見たとしても炎上事件を知っている人からすると楽しめないでしょう。

東スポWebの報道では、タピオカ店側が訴訟手続に入ったとも書かれています。
復帰後に訴訟となれば再び炎上することは想像に難くありません。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 中西正男

    |芸能記者

    活動再開が発表されましたが、僕が取材する限り、具体的に大きな仕事が入ったから復帰を発表したということ...続きを読む

篠原修司

ITジャーナリスト

1983年生まれ。福岡県在住。2007年よりフリーランスのライター・ITジャーナリストとして活動中。スマホ、ネット、炎上などが専門。ファクトチェック団体『インファクト』編集員としてデマの検証も行っています。執筆や取材の依頼は digimaganet@gmail.com まで

篠原修司の最近の記事

篠原修司の最近のコメント

  • 女子大生「LINE返信していた」 スマホ“ながら運転”で男性はねられ死亡 福岡県田川市

    TNCテレビ西日本 8月13日(木) 11時35分

    篠原修司

    |

    運転中のスマホが禁じられているのは常識ですが、それでもこの事故のように触ってしまう人がいます。
    そう...続きを読む

  • Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装 一方で「デマや間違いを指摘できなくなる」と懸念も

    ねとらぼ 8月12日(水) 9時20分

    篠原修司

    |

    この機能が著名人のリプライ欄を守ることに役立つのは明らかで、実装そのものは意義があります。
    しかし記...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント