篠原修司

ITジャーナリスト 報告 オーサー

LINEのトーク内容の削除は自分の端末だけのため、今回のように関係者が提供しているのであれば自分の端末のトークだけを消しても意味がありません。
「証拠隠滅しました」と自白しているようなものです。

一方、自分もトーク相手も全員が内容を削除している場合、見た目のうえでは隠せています。
ただ、これもLINE側のサーバーに残っているため意味がありません。
LINEがいつまでデータを保存しているのかは非公表のためわかりませんが、複数人で会話するトークルームでは保存期間を最大3年まで指定できるため、昨年の選挙であればデータは残っていることが十分に考えられます。

こちらの記事は掲載が終了しています

篠原修司

ITジャーナリスト

1983年生まれ。福岡県在住。2007年よりフリーランスのライター・ITジャーナリストとして活動中。スマホ、ネット、炎上などが専門。ファクトチェック団体『インファクト』編集員としてデマの検証も行っています。執筆や取材の依頼は digimaganet@gmail.com まで

篠原修司の最近の記事

篠原修司の最近のコメント

  • 女子大生「LINE返信していた」 スマホ“ながら運転”で男性はねられ死亡 福岡県田川市

    TNCテレビ西日本 8月13日(木) 11時35分

    篠原修司

    |

    運転中のスマホが禁じられているのは常識ですが、それでもこの事故のように触ってしまう人がいます。
    そう...続きを読む

  • Twitter、待望の“クソリプ防止機能”をついに実装 一方で「デマや間違いを指摘できなくなる」と懸念も

    ねとらぼ 8月12日(水) 9時20分

    篠原修司

    |

    この機能が著名人のリプライ欄を守ることに役立つのは明らかで、実装そのものは意義があります。
    しかし記...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント