篠原修司

ITジャーナリスト 報告 オーサー

「動画を削除してほしい」というのは隠蔽工作でしかありません。
動画が世に出ればいまよりも問題になることがわかったうえでの発言と捉えることができ、体育教師だけではなく校長も責任を取るべき事件と言えます。

そもそもネットは消せば増える世界です。
削除したとしても、問題だと感じられる動画であれば誰かが保存しています。
そうなると元ネタの削除後はそのコピーがどんどんと投稿され続けていくため、消えることはありません。

「動画を削除してほしい」などと言うまえに、体育教師にきちんとした処分を与えましょう。
この場合は暴行罪での被害届の提出です。
そうすれば今後、このようなことは起きません。

こちらの記事は掲載が終了しています

篠原修司

ITジャーナリスト

1983年生まれ。福岡県在住。2007年よりフリーランスのライター・ITジャーナリストとして活動中。スマホやゲーム、ネットのことが専門。デマの検証も行っています。執筆や取材の依頼は digimaganet@gmail.com まで

篠原修司の最近の記事

篠原修司の最近のコメント

  • 木下優樹菜が活動自粛を発表「自らの言動を深く反省」 所属事務所も謝罪

    オリコン 11月18日(月) 19時00分

    篠原修司

    |

    木下優樹菜さんの炎上はいまだ収まっておらず、休業もやむを得ないものと思われます。

    ただ、文書での謝...続きを読む

  • 海賊版誘導サイト元運営者らに1億6千万円の賠償命令…大阪地裁

    読売新聞オンライン 11月18日(月) 15時10分

    篠原修司

    |

    はるか夢の址は広告収入やファイル倉庫サービスの紹介料などを目的に運営されていたとみられています。
    ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント