Y!オーサー

篠原修司

ITジャーナリスト

篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住。2007年よりフリーランスのライター・ITジャーナリストとして活動中。スマホやゲーム、ネットのことが専門。ネット上のデマの検証も行っています。執筆や取材の依頼は digimaganet@gmail.com まで

  • 参考になった725006

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      そもそもネット上のアカウントとリアルの人格は別物ということを県側は知るべきでしょう。
      私はネット上で若者と付き合いがありますが、彼らは用途にわけて複数のアカウントを使い分けています。
      それらのアカウントに「このアカウントをフォローしろ」というのは、リアルの人格とネットのアカウントを紐付けるものであり、若者からすると許容し難いものと思われます。

      また、フォローを増やすためにはコンテンツも重要です。
      ただフォロワー数を稼いだとしても中身がなければ数千、数万の「買ったフォロワー」に宣伝し続けるだけの無意味なアカウントにしかなりません。

      数を増やす前にまずきちんと運営してみるべきではないでしょうか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      問題とされている動画は、昨年12月に投稿されたものです。
      ビッグエコーは同月に謝罪を出しており、被害届も提出しています。

      今、再び拡散され話題が大きくなっているのは、すき家やくら寿司などでのアルバイト店員による問題動画の投稿が話題となっており、それに乗じたものだとみなされたためです。
      拡散元となっているツイートも「くら寿司の次」と書いており、それが誤解させている原因です。

      ビッグエコーは謝罪を2度する事態となっており、拡散者がデマを広めている状態です。

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      謝罪動画では「エロ系や怪しい企業案件は一切やりません」との話とともに

      ・クマと戦ってみた
      ・ランボルギーニにひかれてみた
      ・他人の後頭部をバッドでフルスイングで殴ってみた結果

      といった過激な動画をやめると語っています。

      YouTubeは1月15日に危険なチャレンジやいたずらに関する動画を禁止するとポリシーを変更しており、上記で挙げた動画がガイドライン違反と判断されたものと思われます。

      過激な動画をアップするとBANされることが証明されたようなものなので、今後、迷惑行為やバカな真似をするYouTuberはどんどん減っていくことでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「スタンプ作成者には原則、50%が還元されるため、スタンプを1つ売るごとに300円が収入になる計算」と記事にありますが、これは誤りです。

      スタンプの価格が600円の場合、まずここからAppleかGoogleの手数料30%が差し引かれます。600円×0.7=420円です。
      この420円を50%ずつLINE社と作者で分けます。

      このため作者の取り分は210円という計算になります。
      売上のうち65%をみかじめ料として納めなければいけないシノギにヤクザが手を出すのか、けっこう疑問です。

      (念のために書きますが、暴力団の売上を認めろという意見ではありません)

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この事件については生徒側が先生を挑発していた動画がネット上で現在、拡散しています。
      動画の内容を見るに、先生が体罰をするところを撮影してネット上で拡散させるのが目的だったと思われます。

      切り取られた一部の動画だけが拡散してしまい、正しい経緯を伝えられないネットの問題が現れたような事件です。

      体罰の誘発を目的とした生徒に対して学校側がどういう対応を取るのかが、今後注目されるでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      現在のデュアルレンズカメラから強化されたトリプルレンズカメラになるのは、一番大きなMaxのみと言われています。
      リーク情報ではカメラレンズはほかのスマートフォンのように縦並びや横並びではなく、三角形のようなかたちに配置された珍しいデザインです。
      事実であればこのデザインがユーザーに受け入れられるかどうかで評価がわかれるでしょう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      なぜVPN(仮想プライベートネットワーク)を利用するのかと言うと、中国では国家のネット規制によりTwitterに接続できないためです。
      これを回避するためにVPNを利用します。

      今回はVPNの接続で問題が起きたため、業者が時間どおりにツイートしようと香港のSIMカードを利用してiPhoneから投稿したという流れです。

      Androidメーカーの公式TwitterアカウントがiPhoneから宣伝してしまうことはよくあることなので、処罰までしなくても良いとは思うのですが……。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      私はネット上の炎上案件をチェックしていますが、クロちゃんの炎上が続いている理由は、「こいつは批判しても良い」という空気がネット上(とくにTwitter)でできあがってしまっているためです。

      クロちゃんは2018年1月、テレビ番組内で2型糖尿病だと明かされ、それからTwitterやブログで健康的な食事内容を写真とともに公開していました。
      しかし、同番組内で共演していた森田豊医師がTwitterで食事内容のチェック(食事指導)を開始したところ、嘘が発覚します。
      別のテレビ番組内でその嘘について指摘があったのですが、クロちゃんが開き直って暴言を吐いたあたりから炎上が加速していきました。

      そこからは何を言っても炎上するような状態であり、クロちゃんも故意なのか天然なのかわかりませんが批判されるような行為をネットに継続的にアップしています。
      そのため、この空気はしばらく続くものと思われます。

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      iPhone SEの新型については、今年6月に開発中止のうわさが流れました。
      その後の情報でアップルは新型iPhone SEではなくiPhone XRに注力することがわかりましたが、iPhone XRは予想よりも需要が低く、新型iPhone SEに代わるものになれていません。

      iPhone SEの販売中止とともに同じく中止されたiPhone Xに開発再開のうわさが流れていることを考えると、新型iPhone SEの開発も再開される可能性はあると思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 篠原修司

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      TikTokにはすでに「TikTokおじさん」「TikTokおばさん」と呼ばれる大人たちが多くいます。

      若者の男女が動画で自分たちをアピールしていた以前の状況と比べると、ペットの動画やおじさん・おばさんによる動画、ピアノやギターなどの演奏系の動画など「TikTok上でYouTubeのような動画」が増えてきています。

      プラットフォームとしての人気が拡大すればユーザー層が増え、様々なジャンルの動画が投稿されていくのは通常の流れです。
      しかし、それは「昔のTikTok」が好きな層にとって「TikTokの魅力が減った」と受け止められていると思われます。

残り303

もっと見る