下村靖樹 認証済み

フリージャーナリスト 報告

「子ども兵士」とは、「銃を持って戦う子ども」だけを指す言葉ではありません。
子どもであるメリットを利用して偵察やスパイ活動を行ったり、調理や洗濯・荷物の運搬なども含め、軍や武装勢力の活動に携わる「18歳未満の子ども」を指す言葉です。

その総数は正確に分かっていませんが、現在も世界に10万人以上はいるといわれています。(NGO「Child Soldiers International」ウェブサイトより)

またイエメン以外にもその存在が確認されている紛争地は多数あるものの、「子ども兵士」の存在が世界的に問題視されていることもあり、近年政府軍も反政府組織もその存在を隠す傾向にあります。

プロパガンダにしろ人員不足にしろ、不特定多数の人の目に触れる場所に「子ども兵士」を配置しているのは異例です。

こちらの記事は掲載が終了しています

下村靖樹 認証済み

フリージャーナリスト

1992年に初めてアフリカを訪問し、「目を覆いたくなる残酷さ」と「無尽蔵な包容力」が同居する不思議な世界の虜となる。現在は、長期テーマとして「ルワンダ(1995~)」・「子ども兵士問題(2000年~)」・「ソマリア(2002年~)」を継続取材中。主に記事執筆や講演などを通し、内戦や飢饉などのネガティブな話題だけではなくアフリカが持つ数多くの魅力や可能性を伝え、一人でも多くの人にアフリカへの親しみと関心を持ってもらう事を目標に活動している。 

下村靖樹の最近の記事

下村靖樹の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    下村靖樹認証済み

    |

    コンゴ民主共和国でエボラ出血熱が発生したのは、今回で11回目です。

    同国の新型コロナの状況は、6月...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    下村靖樹認証済み

    |

    アフリカに関わる一人として嬉しいことではありますが、それぞれ政治、経済、文化、風習、すべて異なる50...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント