清水英斗 認証済み

サッカーライター 報告

リヴァプールは交代時にシステムが4-3-3から4-2-3-1に変わり、その形に南野はよくフィットしていたと思います。攻撃の枚数が1枚増え、狭いところでのコンビネーションを次々と繰り出していく。連係のテンポがとても早く、クロップ風に言うなら、ロックな攻撃でした。

ゴールシーンのようなこぼれ球への反応の早さも南野の大きな特長ですし、あのようにボックス内へ俊敏に仕掛けられると、DF側はハンドやトリッピングなど、ファウルを犯してPKを与えるリスクも高まります。その辺りも細かくチェックされるVAR時代に、大きな力を発揮する攻撃かもしれません。

清水英斗 認証済み

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • Jまた不祥事「存在する意味がない事態」村井C悲痛写真

    日刊スポーツ 10月26日(月) 15時26分

    清水英斗認証済み

    |

    「Jリーグが地域の皆さまに迷惑をかける存在になってしまうとしたら、それはもう、存在する意味さえもない...続きを読む

  • 仙台MF道渕諒平が契約解除…週刊誌でクラブが認知していない事実や秩序・風紀を著しく乱す内容が掲載写真

    ゲキサカ 10月20日(火) 9時49分

    清水英斗認証済み

    |

    選手の酒気帯び運転の新潟、今回のDV事件の仙台といい、クラブの対応に疑問符が付く案件が続いています。...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント