清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

相手FKからのカウンター場面でしたが、岡崎は全力疾走で最前線へ、自分よりも前にいる味方をグーンと追い越し、駆け抜けて行きました。そしてクロスに対してポジションを取り直し、相手DF間でフリーになってヘディングを決めています。

ボールが来ようが来まいが、全力疾走が無駄になることが多々あっても、岡崎はいつも”そこ”に居ます。こういった得点シーンの裏に、どれだけの地道なランニングの繰り返しがあったか。
一本槍の愚直さは、岡崎の最も大きな長所だと思います。基本的に、人間はそれが苦手であるだけに。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 森田泰史

    |スポーツライター

    毎シーズン、混戦模様となるリーガエスパニョーラ2部における1部昇格争いですが、今季自動昇格の2枠はカ...続きを読む

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • 南野拓実が待望のリバプール加入後初ゴール! クラブの今季ファーストゴールに写真

    ゲキサカ 8月30日(日) 2時14分

    清水英斗

    |

    リヴァプールは交代時にシステムが4-3-3から4-2-3-1に変わり、その形に南野はよくフィットして...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    清水英斗

    |

    さすがに無条件の契約解除となる7億ユーロを支払うクラブはなさそうなので、この件が法廷闘争にならずに済...続きを読む