清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

今季Jリーグは川崎の三笘薫、FC東京の安部柊斗などの大卒ルーキーに加え、10代の選手もC大阪の西川潤、鹿島の荒木遼太郎や染野唯月など、才能豊かなルーキーが非常に多いです。

もし今年東京五輪が行われていれば、メンバー入りの可能性はほぼ無かったと思われますが、この1年延期により、有望な新人たちにアピールの機会が生まれました。
今季は降格無しの規定になったので、クラブによっては積極的に若手を起用することも考えられます。もしかすると1年後、全く想定とは異なる五輪代表のリストが出来上がるかもしれません。
Jリーグはいよいよ再開ですが、そんなところも大きな見所になると思います。

こちらの記事は掲載が終了しています

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • 南野拓実が待望のリバプール加入後初ゴール! クラブの今季ファーストゴールに写真

    ゲキサカ 8月30日(日) 2時14分

    清水英斗

    |

    リヴァプールは交代時にシステムが4-3-3から4-2-3-1に変わり、その形に南野はよくフィットして...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    清水英斗

    |

    さすがに無条件の契約解除となる7億ユーロを支払うクラブはなさそうなので、この件が法廷闘争にならずに済...続きを読む