清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

サッカー界には『いいストライカーがいれば試合に勝てる。だが、いいDFがいればタイトルを取れる』という古い格言があります。
3トップが注目されるリヴァプールですが、近年の安定的な強さは、まさに守備陣の充実によるものでしょう。この2~3年の間、DF史上最高額の移籍金を払ってファン・ダイクを、GK史上最高額でアリソン・ベッカーを補強し、今季の失点はわずか21。リーグ最少でした。ヘンダーソンをはじめとするMF3人も優れたハードワーカーで、この失点の少なさがリヴァプールの勝負強さを生み出しています。見事なリーグ優勝でした。

一方、南野はこの完成されたチームに加入したわけで、適応は並大抵のことではありません。ただ、これまで思った以上に出場機会を得ており、リーグ再開後も2試合連続で起用されています。
まだ好プレーとは言えませんが、味方は南野をよく見てパスを出してくれるので、今後に期待できると思います。

こちらの記事は掲載が終了しています

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • 川崎がSNSでの差別・偏見にあたる投稿について声明を発表「絶対に許容しません」写真

    スポーツ報知 9月21日(月) 19時33分

    清水英斗

    |

    多くのサポーターが怒り、悲しんでいた”なりすましサポーター問題”に各クラブが乗り出しました。村井チェ...続きを読む

  • 神戸フィンク監督が電撃退任!!「家族の下に戻るという決断をした」写真

    ゲキサカ 9月22日(火) 17時12分

    清水英斗

    |

    2019年天皇杯、2020年ゼロックス・スーパーカップの2つを獲るなど、結果を残した良い監督だっただ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント