清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

まずは神戸の迅速な対応に敬意を表したいです。
30日17時に新型コロナの陽性結果を受け、17時45分にはメディア各社が記事を出せるほどの詳細なリリースを発表しています。非常に信頼の置ける対応でした。

今後の対応も気になるところです。
酒井選手1人の隔離と治療で済むのか、あるいはPCR検査の結果次第では、トップチームごと活動を休止しなければならないと判断されるのか。

仮に後者なら、今シーズンは継続不可能だと思います。いつどのチームに起きて活動休止になってもおかしくない。年間リーグという形式自体が合わないです。
その場合は今季リーグを中止し、たとえばプレミアリーグで検討されているW杯形式の短期大会を都度開催するなど、新たなアイデアも必要になるのではと思います。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 河治良幸

    |スポーツジャーナリスト

    Jリーグの選手から陽性反応が出たことはショックですが、検査を受けて公表したことには敬意を表したい。そ...続きを読む

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • Jリーグ、マスコットも来場禁止へ…コロナ対策でスタジアム内の人数減らす

    スポーツ報知 5月29日(金) 5時00分

    清水英斗

    |

    コロナ感染対策として、サッカー成立のために絶対に必要ではないものは削らなければならない状況です。しか...続きを読む

  • J1は7月4日再開へ 当初無観客、検査実施―J2、J3は6月27日・Jリーグ写真

    時事通信 5月29日(金) 18時41分

    清水英斗

    |

    J1は、J2とJ3に一週遅れて再開することが決まりました。

    J1は全18のうち7クラブが首都圏にホ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント