清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

サッカーに限らず、プロ野球やアメリカンスポーツなど、五輪を最高峰の舞台に設定しない競技や関係団体は、自分たちの都合を主張して五輪のあり方を歪めます。
実際、アスリートや観戦者の理想である春や秋の開催を妨げる要因にもなっていますし、これは年齢制限とは次元の違う深刻な問題。「わがまま」というか、そうした競技や団体は五輪の側から除くべきです。

私はサッカーの書き手ですが、サッカーが要因の一つとなって、他競技のアスリートが酷暑の中でパフォーマンスに苦しんだり、観客が熱中症で倒れるといったニュースを見れば、きっと胸が痛むと思います。それくらいならサッカーは五輪から除いてほしい。
同じことは他のプロスポーツ関係者も感じるのではないでしょうか。
新型コロナウィルスの脅威により、健康と安全のすばらしさを世界中が思い知った今こそ、正しい五輪のあり方を考え直すべきと思います。ぜひ、夏以外への延期を。

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • 神戸、”イニエスタ効果”でJ史上最高の営業収益114.4億円 初の100億円突破を記録写真

    Football ZONE web 5月27日(水) 15時05分

    清水英斗

    |

    クラブ経営情報開示資料でも触れられていますが、2019年のJリーグは、J1クラブが全体の成長を牽引し...続きを読む

  • Jリーグ 7・11から観客動員へ!無観客開催は2試合程度か写真

    スポニチアネックス 5月27日(水) 5時30分

    清水英斗

    |

    プロ野球も政府方針に沿って7月10日以降の観客動員を目指しており、足並みを揃えた動きになっています。...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント