清水英斗

サッカーライター 報告 オーサー

新設された国立競技場は、座席の狭さ、通路の狭さ、陸上トラックによるピッチへの距離の遠さなど、体験したファンの評判は芳しくなく、新酷立と揶揄する人もいます。私自身も同じように感じました。

このスタジアムが継続的に球技観戦に使われるとなると、うーん…と唸ってしまいます。五輪前なら話題性があるので、今年の集客は良い結果になると思いますが、それは長続きするものではないので、継続使用には懐疑的です。

こちらの記事は掲載が終了しています

清水英斗

サッカーライター

1979年12月1日生まれ、岐阜県下呂市出身。プレーヤー目線で試合を切り取るサッカーライター。新著『サッカー観戦力 プロでも見落とすワンランク上の視点』『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』。既刊は「サッカーDF&GK練習メニュー100」「居酒屋サッカー論」など。現在も週に1回はボールを蹴っており、海外取材に出かけた際には現地の人たちとサッカーを通じて触れ合うのが最大の楽しみとなっている。

清水英斗の最近の記事

清水英斗の最近のコメント

  • FIFA、2022年W杯延期も視野に検討 2年先なれどマイナス要因ばかり

    サンケイスポーツ 6月6日(土) 5時00分

    清水英斗

    |

    サッカーW杯は本戦以上に各大陸予選の熱狂が凄まじく、その日程をクリアできるかが大きな焦点です。
    アジ...続きを読む

  • 【名古屋】FW金崎夢生、新型コロナ感染の経路不明…緊急事態宣言下の5月に神奈川県の親類宅を訪問写真

    スポーツ報知 6月2日(火) 22時37分

    清水英斗

    |

    感染経路かどうかは不明ですが、5月14~15日に自家用車で神奈川県の親類を訪ねたそうです。おそらく、...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント