佐藤昌司

店舗経営コンサルタント 報告 オーサー

壱番屋の1月の既存店の客数は1.6%減とマイナスでしたが、一方で客単価が1.9%増と伸びており、既存店売上高は0.3%増とわずかではありますがプラスとなっています。2019年3月〜20年1月累計では、客数は1.6%減ですが、客単価が2.0%増なので、既存店売上高は0.4%増とプラスです。もう少し様子を見る必要はありますが、値上げしたのに既存店売上高がプラスとなっているので必ずしも値上げは失敗とはいえず、逆に、ココイチの強さを示しているようにも思えます。ココイチの価格の高さを敬遠する人もいますが、一方で高くてもココイチで食べたいと思う人が少なくないということでしょう。

佐藤昌司

店舗経営コンサルタント

立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。講演家。研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

佐藤昌司の最近の記事

佐藤昌司の最近のコメント

  • 経営不振の「いきなり!ステーキ」で外国人不法就労が発覚《27億円赤字企業の現場は…》

    文春オンライン 2月16日(日) 11時00分

    佐藤昌司

    |

    この不法就労は問題で駄目なことですが、一方で、いきなりステーキの販売不振をまねいたり人員のヘルプがで...続きを読む

  • ラオックスが希望退職者募集、新型肺炎流行で中国観光客依存の事業体制見直しへ写真

    FASHIONSNAP.COM 2月14日(金) 17時38分

    佐藤昌司

    |

    ラオックスは国内店舗において訪日観光客(インバウンド)を対象に免税店ビジネスを展開する「インバウンド...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント