佐藤昌司

店舗経営コンサルタント 報告 オーサー

コンビニスイーツが充実しているので、街のケーキ屋さんは厳しい状況です。事態の打開を図るには、まずはとにかく来店してもらうことが重要で、それには価格訴求(値引き販売)が効果的です。これで成功したのがケンタッキーフライドチキンです。ケンタッキーも街のケーキ屋さんと同様にクリスマスで利益を大きく稼いでいましたが、こうしたハレの日需要に頼るのではなく日常使いしてもらえるよう、お得感のある500円ランチを通常時に期間限定で投入したところ、客足が増え業績が改善しました。他に、サーティワンは31日をお得な日として設定し、それにより集客を図ったり存在感を示すようにしており、コンビニアイスに対抗しています。このようにまずは価格訴求してとにかく店に足を運んでもらうことが大事です。そして来店客に対しては最高のサービスでお出迎えし、顧客の愛顧を獲得してリピーターを確保する必要があるでしょう。

こちらの記事は掲載が終了しています

佐藤昌司

店舗経営コンサルタント

立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。講演家。研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

佐藤昌司の最近の記事

佐藤昌司の最近のコメント

  • サイゼリヤ、社長も驚く「1円値上げ」の成果写真

    東洋経済オンライン 8月5日(水) 5時10分

    佐藤昌司

    |

    「9」で終わるようなキリの悪い価格にすることで割安感を演出し商品が売れるようになる「端数効果」がなく...続きを読む

  • ユニクロとジーユー、紙の買い物袋を有料化…9月から1枚10円で販売

    読売新聞オンライン 8月4日(火) 12時51分

    佐藤昌司

    |

    ユニクロとジーユーとしては経費削減につながり、ゴミを少なくするという環境に配慮する姿勢を見せることが...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント