佐藤昌司

店舗経営コンサルタント 報告 オーサー

コンビニスイーツが充実しているので、街のケーキ屋さんは厳しい状況です。事態の打開を図るには、まずはとにかく来店してもらうことが重要で、それには価格訴求(値引き販売)が効果的です。これで成功したのがケンタッキーフライドチキンです。ケンタッキーも街のケーキ屋さんと同様にクリスマスで利益を大きく稼いでいましたが、こうしたハレの日需要に頼るのではなく日常使いしてもらえるよう、お得感のある500円ランチを通常時に期間限定で投入したところ、客足が増え業績が改善しました。他に、サーティワンは31日をお得な日として設定し、それにより集客を図ったり存在感を示すようにしており、コンビニアイスに対抗しています。このようにまずは価格訴求してとにかく店に足を運んでもらうことが大事です。そして来店客に対しては最高のサービスでお出迎えし、顧客の愛顧を獲得してリピーターを確保する必要があるでしょう。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 池田恵里

    |フードジャーナリスト

    スイーツは昨年、売り上げは約3%減の1兆4850億円となっている。天候、人口減少、昨年の震災からが主...続きを読む

  • 平岩理緒

    |スイーツジャーナリスト

    コンビニの菓子は、・24時間買える・近所に店がある といった利便性が高いが、「ギフト」用途では、専門...続きを読む

佐藤昌司

店舗経営コンサルタント

立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。講演家。研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

佐藤昌司の最近の記事

佐藤昌司の最近のコメント

  • 大塚家具が3月末で手元資金枯渇も、新スポンサー確保が生命線写真

    ダイヤモンド・オンライン 12月5日(木) 6時01分

    佐藤昌司

    |

    大塚家具の営業キャッシュフロー(営業活動で獲得した資金)は厳しい状況にあり、2019年1〜6月期は2...続きを読む

  • いきなり!ステーキ、急失速に見た積極出店の罠写真

    東洋経済オンライン 12月4日(水) 5時10分

    佐藤昌司

    |

    いきなりステーキは大量出店で自社競合が起きるようになりました。例えば、今秋に閉店した「いきなりステー...続きを読む