佐藤昌司

店舗経営コンサルタント 報告 オーサー

現在の状況でセブン本部が東大阪市の加盟店オーナーに対して短縮営業を理由とする違約金や契約解除を求めないというのは妥当な判断でしょう。求めてしまえば世間からの強烈な批判が避けられません。セブンにはセブンの事情がありますが、やはりwin-winで終わらせるためにも、多くの人が納得できる結論を出す必要があります。まずは短縮営業の実験をしっかり行って、結果を踏まえて適切な対応を取る必要があるでしょう。ただ、実験の結果が得られるのは先の話となるので、それまでに例えば「大規模な人材採用活動」を本部主導で行うなど、別に何かしらのサポート策を講じる必要があるでしょう。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 井出留美

    |食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)

    違約金と契約解除なしと伝えたのはよかったです。ただ最初の対応が「違約金1700万円」でしたから真意は...続きを読む

  • 今野晴貴

    |NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。

    妥当な判断。ただし、今後の課題は、「明確なルール」を定めること。
    今回は強い世論の批判にさらされたこ...続きを読む

佐藤昌司

店舗経営コンサルタント

立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。講演家。研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

佐藤昌司の最近の記事

佐藤昌司の最近のコメント

  • スシローと元気寿司、経営統合が破談に 「方針の違いが明確になった」

    ねとらぼ 6月18日(火) 16時10分

    佐藤昌司

    |

    国内の店舗数はスシローGHDがリードしていますが、海外では元気寿司の方がリードしています。スシローは...続きを読む

  • 市場規模4400億でまだまだ成長、ヨドバシやワークマンら参入の“あの業界”

    ビジネス+IT 6月18日(火) 6時40分

    佐藤昌司

    |

    アウトドア市場は拡大しブームに乗っているため、異業種からの参入や異業種コラボが相次いでいます。記事に...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント