佐藤昌司

店舗経営コンサルタント 報告 オーサー

1番の理由は「購入頻度が高い商材のため」ですが、これに関連して「安さを訴求しやすい」ということもあるでしょう。一般的にドラッグストアで販売するトイレットペーパーはコンビニなどよりも安く、「客寄せ商品」となっています。

多くのドラッグストアは食品や日用品を安く販売して集客し、利益率の高い医薬品を買ってもらうことで収益を上げています。例えばウエルシアHDの2018年2月期の品目別売上総利益率は、食品が20.4%、家庭用雑貨が26.7%と低い一方、医薬品が38.9%、調剤が39.1%、化粧品が32.9%と高くなっています。

トイレットペーパーを安値で店頭で陳列して集客し、利益率の高い医薬品をついでに買ってもらう狙いがあるのです。

佐藤昌司

店舗経営コンサルタント

立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。講演家。研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。

佐藤昌司の最近の記事

佐藤昌司の最近のコメント

  • 首都圏で「サブウェイ」等のFC店を運営する(株)エージー・コーポレーションが破産

    東京商工リサーチ 1月16日(水) 13時56分

    佐藤昌司

    |

    サブウェイはこの4年半で約200店減っています。2014年には480店を展開していましたが、現在は約...続きを読む

  • 訪日客集客へ、個性競うホテル コンセプト強調、泊まれる本屋、ゲーム機の設置も写真

    SankeiBiz 1月16日(水) 10時02分

    佐藤昌司

    |

    訪日観光客の増加に伴い、ホテル業界では誘客のために個性を打ち出すことが求められています。例えば、地域...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント