佐々木亮

弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表 報告 オーサー

これだけのセクハラ発言をしておきながら、調査もせず、処分もしないというのはあり得ません。セクハラは、職場内だけでなく、取引先、顧客、関係者など、全てにおいて起こり得ます。しかも、今回は、財務省の事務方のトップがした明らかなセクハラ行為ですから、これを調査もしないというのは、財務省ではこのくらいのセクハラは許されるということを示すことにもなりかねません。そして、民間企業では、セクハラを防ぐことに労使共に努力していることを考えれば、国の姿勢としては明らかに無責任です。麻生大臣は、改めて調査と処分をするように主導権を発揮すべきです。

こちらの記事は掲載が終了しています

佐々木亮

弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表

弁護士(東京弁護士会)。旬報法律事務所所属。日本労働弁護団常任幹事。ブラック企業被害対策弁護団代表。ブラック企業大賞実行委員。首都圏青年ユニオン顧問弁護団。民事事件を中心に仕事をしています。労働事件は労働者側のみ。労働組合の顧問もやってますので、気軽にご相談ください! ここでは、労働問題に絡んだニュースや、一番身近な法律問題である「労働」について、できるだけ分かりやすく解説していきます!

佐々木亮の最近の記事

佐々木亮の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    佐々木亮

    |

    そもそも「終身雇用」というものは、元々から一部の大企業の男性労働者にしか存在しませんでした。では、な...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    佐々木亮

    |

    労使関係では、時折、労働者の私的領域における自由と使用者の業務上の指揮命令がぶつかり合います。この場...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント