佐々木亮 認証済み

弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表 報告

企業が労働組合を訴えたところ、見事に返り討ちにあった事案ですね。判決で認定された事実からは、セクハラと認定されるのは当然でしょう。労組の活動はセクハラ撲滅を目指す、極めて真っ当なものといえるでしょう。にも関わらず、逆ギレのように会社が労働組合を訴えたこと自体がミスだったと言えるでしょう。冷静に事実を見つめ、コンプライアンスに想いを馳せれば、このように労働組合を訴えるとの選択はあり得ないでしょう。この会社の危機管理意識やセクハラに対する認識の欠如(時代錯誤感)は深刻です。一刻も早く正常な労使関係を築き、出直すべきでしょう。

こちらの記事は掲載が終了しています

佐々木亮 認証済み

弁護士・ブラック企業被害対策弁護団代表

弁護士(東京弁護士会)。旬報法律事務所所属。日本労働弁護団常任幹事。ブラック企業被害対策弁護団代表。ブラック企業大賞実行委員。首都圏青年ユニオン顧問弁護団。民事事件を中心に仕事をしています。労働事件は労働者側のみ。労働組合の顧問もやってますので、気軽にご相談ください! ここでは、労働問題に絡んだニュースや、一番身近な法律問題である「労働」について、できるだけ分かりやすく解説していきます!

佐々木亮の最近の記事

佐々木亮の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    佐々木亮認証済み

    |

    そもそも「終身雇用」というものは、元々から一部の大企業の男性労働者にしか存在しませんでした。では、な...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    佐々木亮認証済み

    |

    労使関係では、時折、労働者の私的領域における自由と使用者の業務上の指揮命令がぶつかり合います。この場...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント