今井佐緒里

欧州研究者・物書き・編集者 報告 オーサー

ルーブル美術館の行列がなくなるのは、良いことだと思う。

実は近年、中国人の団体観光客が列に並ぶことが多く、とても困っていた。
フランスの法律に従って旅行業者登録している会社なら、事前に美術館に知らせて予約をとり、団体入り口から入れるのだ。一般客と一緒に列に並ぶことなど、ありえない。あのように並んでいるところを見ると、そういう法的手続を踏んでいないところだと思われる。大変迷惑だった。

もちろん、このケースに限らず、人が多くて並ぶことはよくある。
並ぶ手間が省けるのは、良いことだと思う。

おそらくフランス人はフレキシブルな人たちなので、空いている時ならば、予約がなくても入れるのではないか。

週末や月曜日は混みます。水曜日の夜間開館がお薦めです(ただし夜間開館では一部閉鎖されている部屋があるので注意)。

こちらの記事は掲載が終了しています

今井佐緒里

欧州研究者・物書き・編集者

フランス・パリ在住。追求するテーマは異文明の出合い、EUが変えゆく世界観。社会・文化・国際関係などを中心に執筆。ソルボンヌ大学(Paris 3)大学院国際研究・ヨーロッパ研究学院修士号取得。日本EU学会、日仏政治学会会員。編著に「ニッポンの評判 世界17カ国最新レポート」(新潮社)、欧州の章編著に「世界が感嘆する日本人~海外メディアが報じた大震災後のニッポン」「世界で広がる脱原発」(宝島社)、連載「マリアンヌ時評」(フランス・ニュースダイジェスト)等。フランス政府組織で通訳。早稲田大学卒業。日本では出版社で編集者として勤務。 仏英語翻訳。ご連絡 saorit2010あっとhotmail.fr

今井佐緒里の最近の記事

今井佐緒里の最近のコメント

  • 「左翼/右翼」の意味をはじめて知った学生と考える「政治意識」のこと写真

    現代ビジネス 2月13日(木) 15時01分

    今井佐緒里

    |

    大変興味深い記事をありがとうございました。ただ、執筆者名がないようです。書き漏れですか?
    あと、フラ...続きを読む

  • 賞味期限切れの「ご隠居」政治家が集う、EUよさらば写真

    ニューズウィーク日本版 2月14日(金) 17時51分

    今井佐緒里

    |

    色々びっくりの文章でした。今は法改正を重ねて、欧州議会の力が昔より大幅に強いです。欧州議会の議員は、...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント