斎藤秀俊

一社法人水難学会会長、国大法人長岡技術科学大学大学院教授 報告 オーサー

大雨などで河川の水量が増えれば、その後は堰堤の下流に洗掘による深みができるのは当たり前で、それを埋めるとこまではいかなくても、把握ができなかったのには驚きました。
 2012年にも茨木市の安威川で中学生が洗掘箇所で溺れ、通りかかった会社員が救助に入って今回と同様に亡くなっています。この周辺において、初めての事故ではないというところが気になります。
 河川を管理するとはどういうことか。大水のあとの河床の削れ具合の点検、把握は管理に入らないのでしょうか。水難事故にあって、自分の命を守るやり方はわれわれが子供たちに教えていきます。でも、洗掘箇所の把握は管理者にお願いしたいです。
9月14日 追伸
本日付の毎日新聞に、13年前に深さ229 cmのくぼみ把握と記事が出ました。川床の状況は日々変化するのでおなじくぼみかどうかはわかりませんが、逆に定期的に調査把握しないと。イロハのイの字ですから。

こちらの記事は掲載が終了しています

斎藤秀俊

一社法人水難学会会長、国大法人長岡技術科学大学大学院教授

人類誕生以来600万年にも及び、祖先は水難という不幸と闘ってきました。そのような経験が我々の遺伝子の中に「水難は神の領域」として埋め込まれてきたかもしれません。600万年も続いた事象を10年や20年で解決できるわけないですが、水難学は、工学、医学、教育学、宗教学、語学、気象学などの学際領域に育ちました。水難学は、予防、事故、事件、ういてまて、救助、水辺のケガや急病まで幅広い事象を扱いますので、風呂から海まで水にまつわる事故・事件、津波災害や大雨災害に関する話題を提供していきます。また、小型船を日ごろから操縦してますので、船舶事故により引き起こされる水難の解説にも足を踏み入れます。

斎藤秀俊の最近の記事

斎藤秀俊の最近のコメント

  • 災害の避難所、改善必要は95% 「プライバシー課題」が半数

    共同通信 2月16日(日) 6時02分

    斎藤秀俊

    |

    「災害時の避難所を巡り、市区町村の95%は改善が必要」
     発災直前、直後、長期避難のフェーズで分けた...続きを読む

  • さいたまプール女児死亡、元園長らに有罪判決「過失大きく結果も重大」「責任を痛感、深く反省」写真

    埼玉新聞 2月15日(土) 11時23分

    斎藤秀俊

    |

    「十分な監視や指導ができない場合にはプールの使用を中止する注意義務を怠り、園児から目を離して滑り台の...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント