斎藤秀俊

一社法人水難学会会長、国大法人長岡技術科学大学大学院教授 報告 オーサー

秋田県内の皆様は海水浴場で、フェーン現象で気温が上昇、南から東の風のときには、強風で浮き輪やフロートごと沖に流されないように注意してください。お子さんが流されて親が追いかけて、引っ張って戻ることは不可能です。流されたら大きい声で流されたお子さんに、ういてまてーと叫びます。そして118番海上保安庁、119番消防に通報して沖に流されたと伝えてください。ライフセーバーのいる海水浴場なら、ライフセーバーに知らせて下さい。

こちらの記事は掲載が終了しています

斎藤秀俊

一社法人水難学会会長、国大法人長岡技術科学大学大学院教授

人類誕生以来600万年にも及び、祖先は水難という不幸と闘ってきました。そのような経験が我々の遺伝子の中に「水難は神の領域」として埋め込まれてきたかもしれません。600万年も続いた事象を10年や20年で解決できるわけないですが、水難学は、工学、医学、教育学、宗教学、語学などの学際領域に育ちました。水難学は、予防、事故、事件、ういてまて、救助、水辺のケガや急病まで幅広い事象を扱いますので、風呂から海まで水にまつわる事故・事件に関する話題を提供していきます。また、小型船を日ごろから操縦してますので、船舶事故により引き起こされる水難の解説にも足を踏み入れます。

斎藤秀俊の最近の記事

斎藤秀俊の最近のコメント

Yahoo!ニュース オーサーコメント