佐川健太郎

モーターサイクルジャーナリスト 報告 オーサー

群馬は赤城山、榛名山、草津などライダーに人気の魅力的な峠道を抱えるツーリングのメッカであり、集まるバイクの数も多い。さらに「五月晴れ」、「秋晴れ」の言葉どおり快適な気温と安定した天気に恵まれる5月、10~11月は絶好のシーズンを狙って訪れるライダーが増えるため、当然事故も増える。事故の数に比例して死者も増えるということだ。つまり統計的に予測できる数値と言える。ライダーからすると「紅葉に気を取られて事故につながる」という仮説はやや飛躍している感じもする。個別の事故状況が分からないのでなんとも言えないが、見通しの悪い峠道では展望台駐車場への出入口などで重大事故が発生するケースが多い。ただ、データで注目したいのは11月に死亡事故の数が跳ね上がっている点。この時期、特に標高の高い場所では路面温度が急に下がりタイヤのグリップ性能が落ちて転倒しやすくなる。これからの時期はさらに一層の注意が必要だ。

こちらの記事は掲載が終了しています

佐川健太郎

モーターサイクルジャーナリスト

63年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、RECRUITグループ、販促コンサルタント会社を経て独立。趣味が高じてモータージャーナルの世界へ。編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら、「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。㈱モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

佐川健太郎の最近の記事

佐川健太郎の最近のコメント

  • セグウェイ生産終了へ、販売不振 立ち乗り二輪車「夢の発明」とも写真

    共同通信 6月24日(水) 11時12分

    佐川健太郎

    |

    発売前の情報では、スティーブ・ジョブズをして「人の移動を変える画期的発明」と言わしめたセグウェイ。自...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    佐川健太郎

    |

    高速道路の「最低速度は50km/h」と法律で決められていますので、煽り運転をしなかったとしてもこのケ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント